投資運用成績(2020年5月)大暴落で僕が精神的に強くなったこと

どうも「BONZIN」です。

誰も想像できなかったコロナショックから約2ヶ月!

「投資はやっぱりリスクが高い〜」

「怖くてやって投資なんてできない〜」

あなたはインデックス投資からリタイヤしていないでしょうか?

3月には、僕が保有している投資信託「楽天・全米株式インデックス・ファンド」も大きく値下がりました〜^^;

2月⇒3月で約6万弱の下げです。

とはいっても、僕はまだまだ投資1年目なので資産も少額です・・・

BONZIN

相場が急落すると、どうしても僕らサラリーマンは株価が気になり・・・

毎朝のニュースで記録的なダウの大暴落を目にしてドキドキが止まりませんでした〜

2月21日から3月24日までの一ヶ月で「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は約33%近くの下落・・・

仮に1000万円投資していると、300万円近くのマイナスになってしまいます〜

〜楽天証券公式サイトより〜

まだまだ僕の投資額は少ないですが、これが数千万円投資していると心の負担は想像を超えますね〜

ここで大暴落から気づきがあったわけですが・・・

毎日のように記録的なニュースを目にすると、人は慣れるということ!

「また大幅な記録更新かぁ〜」

「もう下落は見飽きた〜」

「どんなことが起きても驚かないかなぁ〜」

相場の上下が日常になると、最初は心が大きく揺れ動きましたが徐々に慣れてくるのです。

大暴落でも僕が精神的に強くなった瞬間です。

おそらく、僕と同じようにインデックス投資を継続している人は精神的にも強くなったのでは??と思いますね〜

もう、どんな〇〇ショックでも怖くない〜

次に2020年5月の運用成績ですが・・・

評価損益は1%近くになり、もとに戻りつつあります〜

何がよかったのか?それは積立投資にあります。

毎月コツコツと定額で買い続ける。これが最大の資産運用だと思っています。

S&P500のチャートですが、直近では2020年の2月の高値までには至っていません〜

ですが、積立投資をしていれば「安いときに数を買える」のです。

⬇僕の楽天・全米株式インデックス・ファンドの月単位の購入数ですが、同額の42000円でも4月は買付数量が多く違います〜

これが大暴落でも精神的に強くなれる2つ目の要因です〜

大暴落で下がれば下がるほど、たくさん購入できて上がったときが楽しみになるのです〜

BONZIN

今後、インデックス投資を始めるなら積立投資を!!!

「コロナの影響で株を始めるチャンス!」

「全額資産を投資して、いっきに儲けよう〜」

コロナショックでネット口座の開設が急増しているそうですが、僕が言えることは焦って全力投資をダメ!!!

現状経済ははコロナショックから立ち上がろうとしていますが、まだまだ先行きは不透明だと思います〜

先行きは誰にもわからない!!これが僕が思う投資の基本です。

プロにでもわからないので、いっきに儲かる!!なんてことはありえません!!

誰にもわからない!からこそリスクを抑えた投資をしたいですよね?

まずは大暴落や儲かるという言葉に関係なく、コツコツと定額で積立投資をしていきましょう〜

書籍「33歳で手取り22万円の僕が1億を貯められた理由」を解説サラリーマンが投資家になってお金を増やす唯一の方法!(収支報告)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です