資産運用を公開!安定投資とハイリターンで稼ぐ。

30代の凡人サラリーマンの資産運用を公開します。

公開理由は僕自身が記憶するためです。

僕の資産配分は預貯金の余裕資金で運用して、70%を安定投資+残りをリスク投資という割り振りにしています。

これが僕たちサラリーマンの投資スタイルだと確信しているんです。

今回は投資初心者が資産やポートフィリオを読者に公開することにより・・・

どのように資産を運用していけばいいのか?

なぜ、サラリーマンはこのようなポートフィリオを組むのか?」を初心者目線で紹介しようと思います。

(この記事は2018年1月13日に書いています)

サラリーマンは余裕資金で資産運用する

僕たちサラリーマンの資産運用は全力買いをするのでなくて、家計の余裕資金を使いましょう!

余裕資金というのは、無くなっても困らない金額。

例えば、給与の3か月分の貯金(現金)は生活費として持っておき、それ以外は余裕資金でという方法も考えられます。

僕のようなお小遣い制のサラリーマンは、投資に家のお金を使えない可能性もありますよね?

余裕資金がないというかたは、お小遣いの中から少額からでも投資に回しましょう。

お金はデザイン「TEHO」は最低1万円から運用可能です。

手数料の差?おすすめのロボアドバイザーを比較しました。

僕の場合はヘソクリで100万円の資金があったので、それを投資に回すことにしています。
(家族には秘密で運用)

サラリーマンのポートフィリオは70%が安定投資

余裕資金の中でも割り振りがあります。

運用する金額を100%で考えると?

  • 安定投資「長期・積立・分散」(ウェルスナビ)に70%
  • リスク投資「仮想通貨、FX、個別株」に各10%で計30%

このようなポートフィリオを組んでいます。

なぜ?安定投資が必要で、リスク投資が少なめの金額なのか?

まずは、ロボアドバイザーのような長期で安定して稼げる投資をメインに持っていく。

そして、同時にギャンブル思考がやや強い仮想通貨やFXなどをリスク投資に持っていく。

実際にサラリーマンの資産運用は安定投資のみでも十分利益が上げられるでしょう~

ですが、長期だと投資の楽しみは薄れていきます。(ほったらかし投資でも良いですが・・・)

どうせなら同時に短期でリターンが強い投資(仮想通貨)もしていきます。

リスク投資でリターンがあれば、その資金を安定投資に積立していく方法です。

安定投資でコツコツ地道に稼いで、リスク投資でハイリターンを狙う

資産運用①ロボアドバイザー70%

ウェルナビの資産運用「長期、積立、分散」がまさに安定投資です。

実際に僕はウェルスナビに一括資金40万円と積立月1万円を運用しています。

外国株だけで70%近く運用している「リスクが高め」の資産運用になっています。

30代の若い時はリスクを高めに設定して株の割合を高め、債券・不動産を低く設定しましょう~

現時点でのロボアドバイザー投資の資産は微々たる増加になっています。

年率で平均5%の利回りで考えると、一括40万積立12万で1年間で約52万円=年間26000円。

1ヶ月単位だと約2100円の利益が発生する計算です。

2018年1月現在は+825円(継続1ヶ月未満)

プラス上昇もマイナスにもなりますが、これを「長期、積立、分散」で防ぎます。

↓↓詳細はこちら↓↓

「WealthNavi」で資産運用

なぜロボアドバイザー投資は必要か?初心者におすすめの資産運用です!

資産運用②FXスワップ通貨10%

10万円を証拠金として預けてトルコリラ2000通貨、南アフリカランド40000通貨を購入しています。

FXで為替で稼ぐというよりはスワップポイントで稼ぎます。

  • スワップとは・・・2国間の金利差から得られる利益のこと

日本は低金利を売って、トルコリラ、南アフリカランドのような高金利通貨を買うとその差額が毎日受け取れます。

ヒロセFX通商会社でスワップ通貨を取引していますが、1日でどれだけのスワップポイントが付与されるのか?(2018/01/13)

  • TRY/JPY・・・11.7ポイント
  • ZAR/JPY・・・1.5ポイント

ヒロセ通商の最低取引単位は1000通貨からで、現時点での合計スワップポイントは累計7750円になります。

このスワップポイントが10000円を超えれば、更にTRY/JPYを1000通貨追加投資していきます。

これを複利効果といいます。

複利とは?
例えば100万円を金利2%(年利)で1年間預金すると1年後には102万円。+2万円。この2万円も合わせて更に投資すること。

どんどん資産は積み重なっていき、初期段階では微々たる増加になりますが、長期運用だと資産が増え続けていきます。

FXスワップ通貨投資で考えるのはリスク回避です。

残念ながら、FXスワップ投資はリーマンショック規模の下落時には、証拠金10万円ではロストカットされてしまうでしょう~

ですのでFXスワップ投資は「リスク投資」で10%ぐらいの運用にしています。

ロストカットを防ぐには、必要証拠金(現金)を口座に入金することです。

証拠金があれば、どこまでもロストカットを耐えていきます。

ヒロセ通商は、通貨を日本円に換金しなければ、スワップポイントをそのまま必要証拠金として使えるところがポイントです。

↓↓詳細はこちら↓↓



資産運用③仮想通貨10%

リスク投資の10%で仮想通貨(アルトコイン)を購入しています。

僕が購入しているアルトコインは?

  • EOS(イオス)
  • BNB(バイナンス)
  • ADA(エイダ)
  • ZIL(ジリカ)
  • LINK(リンク)

ビットコイン換算で合計で0.29BTCです。(1/13日現在で1BTC=約38万円なので日本円換算で約11万の投資)

アルトコインは少額で購入可能ですので、預貯金と相談しながら積み立て投資をしていきます。

アルトコインは、ギャンブル思考で買うのではなくて、コインのテクノロジー、技術を買いましょう。

価値がでるコインは、長く生き残るコインです。

アルトコイン投資はハイリスク、ハイリターンなので、割合も余裕資金の10%程度で投資します。

仮想通貨のアルトコインて何?今、なぜ投資しなければならないのか?

残りは追加投資とリスク回避に保管

総額100万円での資産運用は現時点では全て投資していません。

  • 安定投資(ウェルスナビ)・・・40万円
  • リスク投資(FXスワップ投資)・・・10万円
  • リスク投資(仮想通貨)・・・10万円

合計60万円ほどの投資金額になっていて、仮想通貨ではETH→アルトコイン購入時に(イーサリアムが日本円で25000円で現時点で13000円)は損失が発生しているのもあり、残り預貯金は約25万円前後です。

必読!アルトコイン交換で発生する税金を検証する。

この余裕資金を全て投資に回すのではなくて、僕はアルトコイン投資か相場下落時のFXスワップの証拠金に割り当てようと思っています。

アルトコイン投資は、EOSを中心として購入していくいきます。

そしてFXスワップ通貨は急な相場下落時のロストカット対策として残しています。

リスク投資で知識を学ぶ

僕たちサラリーマンには、ウェルナビような「長期、積立、分散」投資がフィットします。

ロボアドバイザーに資産運用を任せて、僕たちは他で信用を集める。

これからAIの時代になっても生き残れる唯一の道です。

ですが、安定投資のみに資産の全てを任せることはいいことなのでしょうか?

僕は、まだ投資について知識を学ぶことを継続的にしていきたいと思っています。

そのためには、ロボアドバイザーに任せっきりより、リスクの高い投資に積極的にチャレンジすることでよりインプットを高めます。

安定投資(ほったらかし)+リスク投資(知識を学ぶ)

このスタイルで継続していきます。

まとめ

凡人サラリーマンの現時点での資産運用を公開していきました。

安定投資「長期・分散・積立」のウェルナビを基本として、他のリスク投資で短期ハイリターンを目指す。

そして、僕の目標は稼いだお金を投資に回すことです。

副業で利益がでれば、すべて投資する。

いわば資本主義に負けないフリーランス思考で生き抜くためでもあります。

資本論とは?3つの残酷ルールを知って今後に生かす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です