MENU
 

BONZIN

 

「凡人サラリーマンだけど、誰かの役に立ちたい」! これといった取り柄のない僕が日常からの得たヒントを発信中 ●月間PV数→約2万pv(目標1000記事) ●発信内容…節約術、サラリーマンの投資術、ミニベロライフ〜読書術、仕事術〜

管理人プロフィールはこちら
サラリーマンが月3万円稼ぐブログ副業術

給湯器の設定温度を下げることが節約になる!は間違いです。

給湯温度を下げると、ガス代は逆に高くなる。

手に触ったら『熱い!!』と思える温度に設定、約50度ぐらいにしましょう〜

どうも「BONZIN」です。

給湯器やガスコンロなどは経年劣化して、いつかは壊れてしまいます~!

先日、築10年のマンションの給湯器が壊れました(T_T)

ついに、その日がやってきたのです・・・

リモコンの設定器で「エラーコード〇〇」!

お湯張りはできるけど、追い炊きはできない!!

お風呂に入れないのが『こんな不便なの!?』と思うほどに生活を苦しめます。

これは買い替えしかない!!と思って、地元のガス屋に見積もりをしました〜

そこで・・・

10年間、我が家の給湯器の使い方が悪かったことを知りました!

この記事でわかること

  • 給湯器の節約方法
  • 各場所によっての温度調節

給湯温度を下げるが節約は間違い!

節約のポイント
  • 給湯器の本体温度は50度
  • 洗面所、お風呂場の温度は蛇口で設定すること
  • お湯張りは好きな温度(42度くらい)
  • キッチンのリモコンは、その都度ON、OFF

一般家庭の設定できる給湯温度は、お風呂の湯張り温度、洗面台シャワーの温度、キッチンのお湯の温度の3か所のみ!

各場所によっての節約方法を見ていきましょう〜♪

お風呂場と洗面台シャワー温度の設定は50度

お風呂場のシャワー温度は、高めの設定(50度近く)が節約になります。

ポイントはリモコンの電源を消そうが、お湯の温度は常に作られているということ!

ガス給湯器本体とお風呂の距離が長いほど、水は温まりづらいのです・・・

ガス給湯器本体は、自宅の外に取り付けてあります。
(マンションタイプだと玄関横くらい・・・)

例えば、設定温度を40度くらいにして電源を消しても床下の排水ホースには40度の水が届いているのです!

ですが冬場は冷めてしまいますよね?

そして、外から帰ってくれば手を洗うときにお湯を使います。

  1. 洗面所のお湯の蛇口を回す。
  2. 例えば40度にしていたら、冷めたお湯をまた給湯器で温め直す。
  3. 温度50度にしていたら、床下ホースには温かいお湯がまだ残っている!
  4. 少し熱くても蛇口の温度調整で水を冷やして使う!

水を温めるて使うか、暖かいお湯を冷やして使うか?

それなら冷やす方が節約になります。

洗面所、お風呂場の温度は蛇口で設定する!

お湯を使うときは蛇口で温度設定すること!

あなたの家では、蛇口を限界まで回して使っていませんか?

50度の温度で設定すれば、限界まで蛇口を回せば50度のお湯がでます。

ですが、手を洗う時は40度前後の水温で十分ですよね?

蛇口を限界まで回さずに温度を調節して使いましょう〜。これで節約になります。

節約=暖かい水を冷やして使うこと!です

お風呂の湯張り温度は節約とは無関係

お風呂の湯張りの温度は、風呂場のシャワーやキッチンの水道とは無関係!!

それなら、初めから適正な温度で入れたほうが快適にお風呂に入れますよね?

お風呂を湯はりするときは、その都度お風呂場の給湯器(設定温度約41度)を押して使います。

キッチンのリモコンはその都度ON、OFF

キッチンに限っては一日の利用回数が多いので、リモコン温度を低め(38度)に設定してをON、OFFを繰り返して使います。

まとめ

基本はお風呂場のリモコン側でON(優先)をして、給湯温度を約50度くらいに保ちながら、蛇口の温度調節で冷やしながら使う!

キッチンを使う時は、その都度ON、OFFを繰り返しながら、低めの温度(38度くらい)で使う!

ポイント
温かい水を冷やして使うが節約。逆に温め直すは消費になる。

【給湯器の交換】≪最大81%OFF≫本体・リモコン・基本工事費込みで激安

家計簿からの節約「年収600万で毎月7万円のお金を作る方法」格安SIMのシェアプラン「2人で4000円と約20GBを独占する方法

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です