ウェルスナビと投資信託を比較。どちらがより初心者向き?

ウェルスナビのロボアドバイザーと投資信託。

どちらがより初心者向きか?

僕は現在は、ウェルスナビのロボアドバイザーに約9か月の積立投資をしています・・・

ですが、投資の勉強をしていくうちに…

  • ウェルスナビのロボアドバイザーと投資信託の違いは何か?
  • どちらが僕のようなサラリーマンの投資スタイルに向いているのか?

結論をザックリ伝えると~

  • ロボアドバイザー・・・何も考えたくない、お金のことから自由になりたい。
  • 投資信託・・・基本的なことは任せるけど、どこを買うかを自分で選択

投資の超初心者はロボアドバイザーで、初心者は投資信託といったスタイルがいいでしょう~♪

今回は、ウェルスナビのロボアドバイザーと投資信託を徹底比較してみました。

僕のように投資に少し慣れてきた人は、投資信託に移行することを決めてもいいのかもしれません。

ウェルスナビと投資信託を比較

ウェルスナビ 投資信託
手数料 1%(3000万円以下) 約0.107892%~0.16%
投資商品 全体 各国別株に投資
NISA なし あり
最低投資金額 10万円 100円
難易度 超かんたん かんたん

ウェルスナビと投資信託の手数料

ウェルスナビと投資信託の最大の違いは手数料です。

  • ウェルスナビ・・・1%
  • 投資信託・・・各商品で変わるが基本的に少額

ウェルスナビの1%をどう感じるかで、投資先が変わってくると言ってもいいくらい~

その理由は、サラリーマンの投資スタイルは長期、積立で15年~30年単位で継続して積立をします。

例えば、50万円を元手に積立投資をはじめると、年間5000円です。

ですが、30年間で毎月3万円をウェルスナビに投資すると、(損益関係・税金なしで考えると)1080万円。

1%の手数料なので毎年10万8000円を払います~

始めは少額でも、年数が経過すると10万単位で払うことになります~♪

ウェルスナビと投資信託の商品は?

ウェルスナビの取り扱い商品はありません。

というのは市場全体に投資するからです。

  • ウェルスナビ・・・「国内株、外国株、新興国株、債券、金」のすべてをポートフィリオを自動で決める
  • 投資信託・・・「外国株なら、その国の会社の詰め合わせ」

ウェルスナビのロボアドバイザーの手続きは超かんたんで、リスク許容度を決めるだけです。

例えば、リスクを低めにしたい高齢者は債券を多めに自動的に買われ、ハイリターンを期待する若手は株を中心に買われます。

全て、自動で売買を行ってくれるので、超初心者向けになります。

投資信託は、どの商品を買うかを決めるだけです。

例えば、Amazonやマイクロソフト、アップル株を買いたいなら、米国株(S&P500)を全体で購入できます。

国内株を買うなら国内の全体(日経平均と連動した商品)に投資します。

投資信託のメリットは、1つの会社に投資はしないので、その会社は破産してもダメージが残らないことです。

例えば、アップルが破産しても、その他の会社を「Amazon、NIKE、ネスレ」など分散して買うので被害を最小限に抑えることが可能。

ウェルスナビと投資信託はNISAはある?

ウェルスナビはNISA口座が使えません。投資信託はNISA枠を使えます。

NISAとは株で儲けた利益が非課税になる制度です。

普通の口座ですと、株で年間20万の利益が発生すると、20%(約4万)が引かれます。

NISA口座で株を買うと?

  • NISA口座・・・1年間に120万円までの投資の利益が5年間非課税
  • 積立NISA口座・・・年間40万円までの投資の利益が20年間非課税

限度額いっぱいでNISA積立口座を利用する場合は、毎月33000円投資することができます。
(もちろん、その分の利益は非課税)

そうなると、NISA口座を開設した方がいいとように思えますが、デメリットもあります。

それは損益通算と繰り越し清算ができないこと。

損益通算は、株で利益があっても、他の株で損失があれば、その分の税金が発生しないこと。

繰り越し清算とは、株の利益が発生しても、過去3年間前まで他の株で損失が発生していれば、その税金を相殺できることです。

やや難しいですが、サラリーマンの投資は長期で積み立てをする、そしてローリスク(年利5%くらい)の商品を買うことなので、そこまで気にしなくてもいいでしょう~

ウェルスナビと投資信託の難易度

ウェルスナビは、超初心者向けで、何もお金のことは気にしたくない人におすすめです。

逆に投資信託は、自分でどこの国を買いたいかを決めるので、ウェルスナビよりはより投資家向けになります~

世界最大の投資家ウォーレンバフェットがおすすめする投資先S&P500に、過去30年間投資した場合の利回り9%。

例えば、年利5%の積立投資をシュミレーションすると、20年間で1356万円。

普通に積立てをすると33000×12×20年間=792万になり、年利5%で計算すると1350万円になります。

このように投資信託は、自分で自由に投資先を決めるでことができます。

投資信託で買うべき銘柄は?

僕はプロの投資家ではないので、おすすめの投資銘柄を推奨できません。

ですが、Amazonベストセラー「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください」の著者、山崎元先生は、書籍で2つの投資先を推奨しています~


図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

  • ①ニッセイ外国株インデックスファンド・・・海外の主要な会社(年間利回り約1.9%)
  • ②上場インデックスファンド・・・国内の主要な会社(年間利回り約1.9%)

2つの銘柄が購入可能な証券はこちら↓↓

まとめ

今回はウェルスナビとロボアドバイザーを比較してみました~

僕は、現在はウェルスナビで9か月45000円の利益が発生しています。

どちらの投資も正解ですが、より初心者向けがウェルスナビ。

初心者から脱却したい人におすすめなのが投資信託になります。

海外の仮想通貨を購入する方法をわかりやすく解説 手数料の差?おすすめのロボアドバイザーを比較しました。 なぜロボアドバイザー投資は必要か?初心者におすすめの資産運用です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です