ダホンルートのサドルを交換で痛みは80%軽減(カスタム)

ダホンルートにスポーツサドル交換すると、純正サドルと比べたらお尻の痛みは80%ぐらい改善されます。

街乗りを2回計20kmを街中で走っていた時に気付いたこと。

それは5km〜7km過ぎたあたりからお尻が強烈に痛くなること・・・

調べてみるとダホン純正サドルはお尻が痛くなる症状が多いみたい…

それなら早急的に交換しないとと思い、Amazonでサドルを買いました。

選んだ理由はAmazonの高レビューの多さとサドルの重さです。

(キャット ハンド) Cat Hand スポーツサドル(280g)。

今回はダホンルートのお尻の痛みで悩んでいる方に、サドルを交換すると改善されること、そして取り付け方を簡単にお伝えします。

サドルは買って試して見ないとわからない

ダホンルートのサドル交換をしましたが、結局は買ってみて試してみないとわかりません。

だいたい1000円から2000円以内でサドルを交換できるし、評価もほとんど変わらない。

たぶん効果も純正のサドルよりはどれも軽いし痛みも軽減されると思う・・

自転車の素人で詳しくはない人はとりあえずAmazonレビューで高評価なサドルを購入すれば間違いないでしょう。

見た目(カラー)などで選ぶのもアリです。

ダホンルートのサドル交換で候補にしたもの。

Mach Burst 軽い コンフォート 穴開き スポーツ 自転車 サドルでAmazonのベストセラーサドル(330g)

若干サドルの重さが気になったけど、コレも候補の一つ。

Amazonレビューも300件超え。

クッション性もありお尻の痛みも軽減されるみたい…カラーも豊富で見た目もオシャレにできている。

monoii 自転車 ロードバイク クロスバイク サドル 防水 スポーツサドル (300g)

カラーも全6色でスポーツサドルでかっこいい!
重量も300gで他のスポーツサドルとほとんど変わらない。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ソフトサドル(830g)

名前はブリジストンでミニベロに合わないかなぁと思ったけど高レビューが多かったので参考にして下さい。

ママチャリ用で1000円近くの値段で買い替えができてしまいます。

高評価レビューで、家の子供乗せ自転車のサドル交換に迷っています。

Oture 自転車 サドルカバー低反発クッション(サドルカバー)

低反発のサドルカバーで衝撃を和らげます。

そして痛みも軽減させる効果があるそうです。

なんと言ってもAmazonの評価が高いこと(9割が★4・5)みんなが良いと言う商品はそれだけでも価値があります。

DAHON Routeのサドル交換作業手順!

サドル交換、アサヒサイクルで交換してもらうと600円の工賃が発生しますが、自分で交換すればもちろん無料!やってみると自転車の初心者でも簡単に交換できます

必要工具、13ミリの六角レンチ


自転車用ではないけど工具で家に置いてあったので使いました。

取り付けるサドルはこちら

純正のDAHON RouteのサドルとCat Hand スポーツサドルの違いはこちら

これを見比べてみると、いかにDAHON Route純正サドルがデカいのかがわかります。

交換すれば厚みがかなり減ります。

DAHON Routeサドル交換手順

赤丸に13ミリレンチでボルトを緩める。

注意
純正のDAHONサドルを取り外す時は始めの位置を覚えておいてください。取り付ける時にわかりやすくするためです。


上から見た図です。サドルの中央の位置に取り付けてみました。わずか10分ほどの作業です。
完成!!

だいぶコンパクトになりました。ブラックカラーにすれば良かったと後悔しても遅いですね・・・

レッドカラーが若干浮いているような感じがします。

ダホンルートにCat Hand スポーツサドルを交換して走行する

2km~3kmぐらい交換したサドルで走ってみました。

純正の頃に比べたら明らかにお尻の痛みを軽減しています。

数字でいうと80%くらいです。

純正のサドルに比べれば厚さがなくなって、お尻に負担がもっと増すような感じに見えても、実際には痛みを抑える使用になっています。

そして何より決定的なのは見た目です。見た目も変わればそれだけミニベロにも愛着が持てます。

まとめ

今回はダホンルートにサドルを交換してみました。

一番の交換理由はお尻の痛み軽減で、いろんなダホンルートの記事を見るとやはり純正のサドルに不満を持っている人が多いようです。

ダホンルートを買ったらまずサドル交換を検討してみてはどうでしょうか?

次回は自分で自転車のメンテンナンスでもやってみようと思っています。

ミニベロ関連記事
ミニベロの紹介をしています。参考にして下さい。
初心者がダホン(DAHON)購入からミニベロをスタートさせるためのすること

2 Comments

emi

これを見比べてみると、いかにDAHON Route純正 -ペダル- がデカいのかがわかります。交換すれば厚みがかなり減ります。

ペダルでは無くサドルですよね?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です