老後2000万円は必要?30代からやるべきことはひとつ。

先日、話題になっている老後に2000万円必要なのか?という問題。

単純に計算して、老後に年金+2000万あれば生活に困らないということを言いたいみたいですが…

実際、国は否定していますね〜

僕が思う、老後に必要なお金は、国に頼らず自分で作ることだと思っています。

人生100年時代と言われているように、100歳まで生きれば、それだけ蓄えが必要ですし、60代で終われば、少なくて済みますよね。

でも、長生きするか、しないか?なんて誰にもわからなのです。

今回の記事では?

  • そもそも年金は30年後貰えるのか?
  • なぜ老後2000万が必要なのか?
  • 30代からお金を貯めるためにすること。

この問題の僕なりの考え方をお伝えします〜

老後は年金を貰えるのか?

30年後の老後には、年金は受け取ることができるのか?

答えは、誰にもわからないということです。

現在、問題となっていて近い将来に確実に起きるのが少子高齢化ですよね?

僕らも含めて年を老いて、子供の数が減少する・・

そうなると、社会保険を支える若い世代が、いっそうの負担を負うことになります。

そして、国の借金も1000兆円をこえて、年間50兆円のペースで増え続けています。

言えることは、何が起きるのかわからないということです。

社会保険制度が破綻するかもしれないし、個人で老後に備えてくださいとなるかもしれません。

可能性はゼロではないということを覚えておきましょう〜

老後は実際いくら必要かわからない。

老後に蓄えておきたい金額を計算すると、何年まで生きられるかで決まります。

例えば2000万円の資産が老後に備えてあって、20年間生きるとして、月約8万円を年金+貯金から使えます〜

これが30年間生きるとなら、月5万円。

人生100年時代で40年あるのならば、さらに月に自由に使えるお金は減りますよね?

年金+月〇万を使うイメージで資産を蓄えたほうがいいのですが、実際は誰にも終焉はわかりません。

長生きするのかなんて誰にもわからないので、2000万円必要というのは、おおよその計算になります。

国民年金は払ったほうがいい?

まず、国の財政上の問題があろうと、年金は払ったほうが得になります。

年金は分けると?

  • サラリーマン→厚生年金
  • 自営業→国民年金

サラリーマンは自動的に給与から天引されますが…

自営業の年間で約20万円を自主的に納めるので、家計にとっては出費はデカイ・・・

そして、将来年金なんて貰えるかわからないから、支払わない!という自営業の人が統計で全体の3割ぐらいいるのが現状です。

20歳から働いて、40年間で毎年20万円を納めるとトータルで800万円ほどになります。

そもそも年金は高配当な金融商品で、計算すると老後は月額54000円あまりを支給されます。

800万円を月額54000円の支給で生活していくと、約12年近くで元は取れて、それ以上長生きすればプラスのリターンになります。

なかなか優秀な金融商品なのです。

若い時から支払った厚生年金が、元割れしてしまうと国民は誰も買わなくなります。

例えば800万円納めたのに、70歳から支給で月3万円と言われた、誰も納付しません。

ですので、若い時から年金は支払ったほうがお得になるのです。

現状、老後4人に1人が100万以下

全国のアンケートで、定年退職の60代の世帯貯蓄が100万以下が4人に1人もいるというのが現状みたいです。

いかに貯蓄をしていないのかがわかります。

2000万必要と言いながら、現状はかなり厳しい貯蓄額なのです。

もし、このような人が自営業者で国民年金の支払い拒否をしていたら、待ち受けているのは生活保護という現実になりかねません。

年金があれば、約月53000円で暮らすだけでも、かなりの節制をしなくてはダメなのです。

そうならないためにも、30代から備えておくことが大切です。

老後年金+2000万円を蓄える方法

国や政府が、信用できないなら資産は自分で築きましょう~

実際に、国も年金制度が危ういと感じているので、個人で投資をすることを進めています。

この流れは今後さらに伸びていくでしょう〜

その特徴と言えるのが、NISAとNISA積立口座です。

メモ
NISAとは年間で120万円までが非課税。 NISA積立は年間で40万円まで非課税で20年間運用可能。

この中でNISA積立を僕はおすすめしています~

例として、平均利回り5%以上のインデックス投資を積み立てると、20年後は約1350万円。これが非課税で運用できる計算です。

僕も7月から、インデックス積立投資を始めました~

購入銘柄は?世界最大の投資化バフェットの遺言でおなじみの、「S&P500」に連動したインデックス投資になります。

そして、もう少し投資金額を増やしたいと言う人は、ウェルスナビのロボアドバイザーに頼りましょう~

NISA口座、S&P500の購入が可能な証券↓↓

手数料の差?おすすめのロボアドバイザーを比較しました。 [kanen id=”5831″ target=”_blank”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です