MENU
 

BONZIN

 

「凡人サラリーマンだけど、誰かの役に立ちたい」! これといった取り柄のない僕が日常からの得たヒントを発信中 ●月間PV数→約2万pv(目標1000記事) ●発信内容…節約術、サラリーマンの投資術、ミニベロライフ〜読書術、仕事術〜

管理人プロフィールはこちら
サラリーマンが月3万円稼ぐブログ副業術

家を買う前に知っておきたい、住宅ローンで不安だった5つのこと

どうも「BONZIN」です。

僕は1回マンションの売買を経験していますが・・・

1回目の不動産の失敗は?

身の丈にあった、高額の住宅ローンを組んだことでした。

年収500万 !35年ローンで月10万にマンションの経費(修繕、管理、駐車)で13万弱。

まだ子供もいない〜働きはじめて数年後のことでした・・・・

なぜ?僕はマンションを売却したのか?

それは将来を考えたときに?

自分の生活設計は大丈夫なのか?を考えたからです。

「今の収入が続くのか?」

「月収の中で住宅比率は高くないか?」

考えれば考えるほど、後悔することになり・・・

多少、損をしてでも売却をしました。

今回は今から住宅ローンを組んで家を買おうとしている人へ〜

僕が知ってほしい住宅ローンでの5つの不安なことをお伝えしようと思います〜

家賃より安いから?みんなが買っているから?という意見に惑わされないようにしたいところですね〜

凡人ブロガー

家庭環境は必ず変化する

家庭環境は必ず35年の間で変化する!

住宅ローンを組む世代は、ほとんどが若い世代の人たちです。

例えば、結婚して住宅を購入しようと考える人で起きる家庭環境の変化は?

  • 子供の誕生
  • 離婚
  • 親の介護
  • 病気

夫婦2人だけで、この先も生きていこう!!と決めているならいいのですが・・・

例えば「子供は2人で」と考えていると・・・

それだけでも家庭環境は大きく変化してきます。

夫婦2人で住宅ローンを返済しているなら、子供が生まれただけでも予定が変わるのです。

「一馬力でローンを返済していかなければいけない〜」

僕が伝えたいのは?

家庭環境の変化はあたりまえのように起きること。

僕の場合は、妻の病気でしたね〜

何気ない日常が、本気で一変しました!!

僕がまさか働けなくなるなんて・・・と思ったのです・・・

凡人ブロガー

一ヶ月近く仕事を休まないといけないことになり・・・

このまま続けば退職!?

追い詰められました。

そのとき思ったことは・・・
「収入がなくなれば・・・ 家を売らなければいけないかも・・・」

家を買うときは全く想像さえしなかったことが、もう少しで現実になろうとしていたのです。
(幸いおかげさまで仕事は続けられました・・・)

それから僕は思いました〜「これからも家庭環境の変化は起こる」

35年の間、同じ家庭環境の人なんていない!

まずは、絶対に35年間で家庭に変化は起きるものだ!と思い住宅ローンを考えないといけません!!

仕事の環境が変わる

仕事は一生定年まで続けられると思わない!

家を買う前に、今の仕事は永遠に続くと思って住宅ローンを組んでいないでしょうか?

住宅ローンは、年収や勤続年数で審査をしますので・・・

「安定しているから大丈夫!! 」なんて思っていると痛い目にあるかもしれません。

仕事は意外と変化は起きやすいのです⬇⬇

  • リストラ
  • 仕事が合わない
  • 不景気
  • 転勤
  • 倒産
  • 世界的な不景気(コロナ関係など)

あたりまえのようにサラリーマンしていると、今の仕事て、一生続くと思いがちですが・・・

ホントは安定なんかしていなかったのです!!

2020年のコロナ騒動を予想できた人がいるでしょうか??

安定だと思っていたのは、錯覚だったのです。

本から引用させてもらうと・・・

安定とは、自分の力で変えられる何かに挑戦しているときに得られる心の状態です。
今の仕事の安定は思い込み〜ほんとの安定は自分で何かにチャレンジしているときなのかもしれません〜

凡人ブロガー

買った瞬間に資産ではなくなる

家は負債だと思うこと

家は買った瞬間に資産ではなくなってしまいます。

「土地は売ればいいから資産だ」と思っている人もいますが・・・

家は負債です。

例えば、今日買って明日売れば値段は下がります〜

買った瞬間に中古物件になり、戸建てだと25年で家の価値はゼロになると言われています。

例えば・・・

3000万円で35年住宅ローン、金利1%を組めば・・・トータル3556万円を払います。 5年後に家庭環境の変化で売却すると3000万円では売れません! 価値は下がるので頑張って2500万円で売れる。だけど残高は2633万円。

売るにも残債があり売れない状況になってしまうのです。

「売らないし、一生住むから大丈夫」と意見もありますが・・・

やはり人生は何が起きるのかは誰も予想できないのです。

しかも僕も中古マンションの売買経験がありますが、なかなか不動産て売れません!

自分が、「この価格なら売れるだろう〜」と考えても、売れないのです。

家は資産になりそうな物件を細かく調べて買わなければ、買った瞬間から負債に変わるのです。

自然災害の不安が残る

災害は保険に入っていても安心ではない

自然災害も必ず起きます〜

  • 地震
  • 台風
  • 大雨による浸水

1年を通してみると必ず、どこかの街で被害が現れています。

よく勘違いしそうなことは、自分が住んでいるところは大丈夫!という自信です。

それは自信ではなくて過信!

必ず、あなたの家も35年の間に1回は災害に巻き込まれるでしょう〜

日本は地震・台風の国です。

そういうと「保険に加入しているから安心」という意見もあります・・・

だけど、倒壊、床下浸水が大規模に起きたときに保険を貰えると思いますか??

僕は大規模な災害クラスだと、保険会社はすべての家を保証することはできないと思います〜

なぜなら保険は、みんなで協力して予期せぬことが起きた人を助けるもの!

予期せぬ事態になった人が、たくさんいると保険て貰えないのでは?と思えてしかたがありません。

空き家が増える

日本は少子高齢化が進んでいます〜

あと数年後には2.5人の現役世代が、1人の高齢者を支える仕組みになると言われています。

少子高齢化になると、家はどうなっていくのか推測してみると・・・

  • 家を建てても若い人が少ないから売れない
  • 高齢者は施設や子供と同居で家を離れる
  • そこまで高額な住宅ローンを組まなくても空き家をリフォームして住んだほうが安く住める

高額な住宅ローンを組んで、もし売らなければいけない状況になっても売れない!!

僕の周りにも、新築から3年以上売れない物件があります〜

そんな状況は数年後ますます増えていくと思いますね〜

まとめ

「家を買う前に知っておきたい、住宅ローンで不安だった5つのこと」

住宅ローンは一生一度の買い物です。

僕も不動産の失敗を経験して、二回目の購入は身の丈にあった予算にしました。

住宅ローンを組んで家を買うことは、ステータスであり夢でもあるのかもしれないけど・・・

少しだけ、立ち止まり〜「ほんとにいいのだろうか〜」と考えるきっかけになれば!!と思いますね〜

ではまた👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です