書籍「33歳で手取り22万円の僕が1億を貯められた理由」を解説

サラリーマンが1億円貯められる理由は、やはり投資信託!

どうもBONZINです。

今回は”井上はじめ”さんという人が書かれた書籍〜

33歳で手取り22万円の僕が1億を貯められた理由」という本の解説です。

なんだか胡散臭いタイトルだなぁ・・・と思い読んでみると・・・

意外とわかりやすく〜僕ら凡人サラリーマンでも1億円を本気で貯めれるノウハウが、ぎっしりと書いてありました。

結論から言えば、僕がやっている投資スタイルと同じで・・・

インデックス投資を積立で買っていく方法でしたが・・・

新しい発見もあり、この方法を実戦すれば投資初心者でも1億円を貯められるのでは?!!!と思える内容でしたね〜

では「33歳で手取り22万円の僕が1億を貯められた理由」を見ていきましょう〜♪

1時間くらいでスラスラと、かなり読みやすい内容でしたね〜

凡人ブロガー


「33歳で手取り22万円の僕が1億を貯められた理由」はどんな話

本の著者である「井上はじめさん」が新入社員のときから10年以上も給与が変わらず〜
特別に投資センスがあるわけではないのに「投資家ではなく節約家」をモットーに1億円の資産を達成させるという話です。

僕らサラリーマンの給与て、入社時からあまり変わっていない気がしませんか?

年収は少しずつ増えていくけど、社会保険などの税負担も大きくなり結果的に手取りは変わらない!!

こんな状況でも、誰でも「節約と投資」で資産1億円を貯められるという方法が書かれています。

まず井上さんですが・・・

社会人のときの大きな事故を体験し、お金について真剣に考えはじめました〜

「今後はやるべき仕事は、自分で決めたい」

与えられる仕事をやりたくない!!と決心したのです。

そこで、まず副業で月100万円の収入を増やそうと考えます〜

  • 仮想通貨
  • YouTube
  • FX
  • 株式投資
  • ブログ

与沢翼さんの高額塾に、50万円で入会したこともあったそうです。

ですが、そんなに世の中あまくありませんよね??

副業の、ほとんどが稼ぐことができなかったのです・・・

気づいたことは、副業は自分に合わないやり方ではお金は増えないということ。

株もブログも、自分が好き興味がないと成果はあげれないのです!

自分が興味がないことって、なかなか継続できないのです〜このブログだって書くことが好きでなければ続けることはできません〜

凡人ブロガー

実は、著者である井上さんは事故にあって入院する前から、2000万円の資産がありました。

どうやって貯めたのか?

それは大学時代に人生最大の発見をしたからなのです・・・⬇⬇

1億円を貯めた人生最大の発見とは?

世界の人口と、お金の総量です。

人口は2050年までに増え続け、GDPが250兆ドルと予測!

人が増えればお金はたくさん必要になり、使う量も増えていく。

この流れだけは、誰にも止めることはできません!!

国際連合広報センターの試算で、2050年までに人口は100億人を突破すると予測されています〜

参考 世界人口推計2019年版国際連合広報センター

世界のGDPを本から引用すると、2050年には250兆ドル⬇⬇

将来的に人口は確実に増えるから、お金の取引量も自然と増えていく

凡人ブロガー

「世界経済に資産を投資してみよう〜」

「毎月10万円を30年間預ければ億万長者だ…」という思いが強くなっていくのです。

言われてみれば確かに、人口は増加しているし世界に分散して投資をすればお金は増えていくのでは?を思えますね〜

億万長者になるためにする2つのこと

  1. 節約情報はとことん調べる
  2. 毎月自動で投資できる仕組みを作る

節約は僕も実戦しているところで、億万長者になるためには必須項目です。

  • スマホは格安SIMで!
  • 保険は掛け捨てのネット生命
  • 住居もネットの住宅ローン
  • 壊れていないモノは買い換えない!
家計簿からの節約「年収600万で毎月7万円のお金を作る方法」お金持ちのマインドを手に入れて凡人から脱却する5つの方法

その他には、毎月自動で投資できる仕組みを作ることです。

例えば、銀行口座⇒証券口座へ入金など流れを自動化すればなにも考えずに投資ができます。

僕の場合はSBI証券で「銀行引き落としサービス」で、自動で毎月33000円を入金しています〜(積立NISA)

1億円貯めるための取引ルール

「33歳で手取り22万円の僕が1億を貯められた理由」では独自の取引ルールを解説しています。

僕も参考になったのですが、より投資初心者向けのためでは?と思いましたね〜

例えばコロナショックのような大暴落が起きると、今まで積み上げてきた資産が大きく減ってしまいす〜

仮に1000万投資をして評価損益が+7%から―20%というように数日で変動すると資産が…

プラス70万だったのがマイナス200万」に変わります〜

もう本業の仕事どころではありませんよね!!

そんなときの精神的な負担を少なくする取引ルールとは?

  1. 記帳ルール(毎月10分評価額、評価損益を記入)
  2. 売却ルール(20%損益または100%以上で売却)
  3. 売却後は10年に分けて積立額を上乗せ

記帳ルールは、現在の資産を把握するために「時価評価額と評価損益」を毎月1回だけパソコンにでも入力。

相場が上昇時のときに、評価損益が20%に達していれば全て売却(上の例では−5.41%のところ)

〇〇ショックのように相場が下落時は、長期で積立投資をして評価損益が100%以上ですべて売却。

売却後の資産は10年で分けて再投資。

1→2→3を繰り返す〜

この取引ルールを実戦していけば、たしかに僕らサラリーマン投資家の精神的な負担は避けられそうです〜

プラスの利益でコツコツと売って小さな成功体験をするということですね〜

凡人ブロガー

まとめ

書籍「33歳で手取り22万円の僕が1億を貯められた理由」を解説。ということで・・・

この本で一番伝えたところは、1億円を貯める方法ではなく〜

大きな金額の資産を持ち、自分のやりたいことを実現させること。

本の中でも、お金が増えていくと徐々に、そして確実に夢は目標になり、そして具体的な計画になっていく。と書かれています。

つまり、資産が増えていくとお金が僕らの、行動を後押ししてくれる!!!

例えば、あなたが1億円手に入れたら〜

「何か新しいことをやってみよう〜」

「こんな仕事をしていて意味あるの?」と考えるはずです〜

お金があることで、行動が変わっていくかもしれないのです。

そのきっかけを作るために資産を作れ!!と教えてくれている気がしますね〜

詳しくは本を読んでくださいね〜

ではまた👋


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です