「パナレーサー」空気入れの使い方(ダホンスピードファルコ)

パナレーサーの空気入れは、初心者でも簡単で使いやすい〜

どうも「BONZIN」です。

今回は、ダホンスピードファルコ用に空気入れを購入しました〜

スピードファルコは、一般的なママチャリ用の空気入れでは使えません〜

ですので今回、購入したのがPanaracer(パナレーサー)フロアポンプ、空気入れです。



購入した理由は?デザインがオシャレでダホンスピードファルコと同一色の空気入れだったからです。
(現在は、グレードアップして赤色(レッドカラー)は型落ちに!!)

今回は、パナレーサーの空気入れの使い方をわかりやすく解説します〜♪

 

パナレーサーの空気入れの種類

まずはバルブ種類の説明です。こちらの画像をご覧ください。

  • ダホンルートやママチャリは英式
  • ダホンスピードファルコやロードバイクなどは仏式

スポーツタイプの自転車は、この仏式バルブを採用しています。

ですので、ダホンスピードファルコには仏式バルブは必需品というわけです。

パナレーサーの空気入れの使い方

実際に「仏式の空気入れは、どうやって使うのか?」を詳しく説明します。

①タイヤのバルブチューブのキャップを外す

②バルブの先端部分を回しながら上の方にあげる

③真っすぐ垂直に取り付けます

『カチッ』と密着するまで差し込みます。

中途半端だと、逆に空気が抜きとられます。

④取り付けたらレバーを垂直に折りたたむ

⑤タイヤの空気圧を確認する

ダホンスピードファルコの空気圧は240~480kpa!

空気圧の調べ方はタイヤ表面に記載してあります。

ママチャリや自動車などでも、空気圧は記載してあるので確認してくださいね!

空気圧はだいたいの目安で、スピードファルコは400kpaぐらいの圧力を維持するのがベスト。

少し見ずらくて申し訳ないのですが、タイヤの表面に空気圧が記載してあります。

僕が購入した、パナレーサーのフロアポンプは空気圧までメーターでわかるので使いやすい〜

あとは数回、入れれば目安の空気圧になります。

これでパナレーサーの空気の入れの使い方は終了です。

その他の空気入れ(フロアポンプ)

その他のメーカーとの空気入れの違いは?「メーター」があるか?ないか?だけです。

ちなみに僕は、型落ちでもダホンスピードと同色の空気入れを購入しました〜
(使用に関しては全く問題なし〜)

ですので、デザインやカラーで決めるのもいいかもしれません〜

ゲージ付き「フロアポンプ」(英・仏・米対応)

持ち運び式(米・仏・英)

 まとめ

今回はパナレーサーの空気入れを購入しました。

ママチャリ以外の空気入れは難しいかなぁ~と思っていましたが、パナレーサーのフロアポンプは簡単に使えることができました。

そして空気圧メーターも付属していて至れり尽くせりです。

Amazon1000件レビュー越えも納得ですね〜

ではまた👋

ミニベロの買い方!10万円以下で目的別に厳選してみました(2020)冬の自転車を快適に乗るために絶対に手放せないアイテムを4選!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です