「電子書籍と本」どちらがお得?メリット、デメリットを解説

あなたは電子書籍派?

それとも紙の本派ですか?

僕は平均で月10冊は本を読んでいますが、その時に迷うことは…

kindleで電子書籍を買うか?書店で本を買うか?

僕は、この2択でいつも迷います~

結論としては、電子書籍も紙の本も一長一短で比べられないということ。

今回は「電子書籍と紙の本」ということで、Kindle Paperwhiteを使った電子書籍のメリットとデメリットを、僕なりの目線で解説します。

「Kindle Paperwhiteの購入を迷われている?」

または「電子書籍て必要なの?」と迷われているかたへの記事です。

「電子書籍と本」どちらがお得?

Kindle Paperwhiteの電子書籍を使ってのメリット、デメリットを解説していきます〜

どちらも良い点もあれば、使いづらいところもあります。

電子書籍(Kindle)のメリット

kindleのメリット
  • ハイライト・メモ機能がアウトプットを効率化する
  • スラスラ読める
  • 複数のタブレットで使いこなせる
  • 読みたい時にすぐに買える
  • カバンの中で邪魔にならない

ハイライト・メモ機能で効率化

僕のkindle版Kindle Paperwhiteを購入する、最大のメリットがアウトプットの効率化です。

それはkindleのハイライト・メモ機能。

本を読むと、必ず…

この文章はためになる

SNSで発信したい~

あとから読み返したい~」という文に出会います。

その文をオンライン上で記憶しておくことができます。

記憶することの何がいいのか?

本は読むだけでは意味がない~「アウトプット」してこそ頭の中で整理されるのです。

オンラインで記憶する⇒記憶した文書を自分の言葉で発信、または行動してみる!(アウトプット)

この流れで本を脳に記憶させることができます。

kindle paperwhiteのメモ機能はどこが便利?使い方を教えます

電子書籍はスラスラ読める

電子書籍で本を読むときは、片手に持つだけでページめくりも簡単です。

紙の本になると、ページを開くたびに両手を使うことなります。

「両手を使うだけでは?」と思うかもしれませんが、この単純作業が本だとストレスに感じます。

僕は混雑した電車などで、本を読むことが多いのですが、両手で本を読みのは苦痛です。

複数のタブレットで使える

僕の場合はAmazonアカウントでスマホ・Kindle ・タブレットの3つを連動しています。

通勤で本を読むことが多いのですが、その都度使い分けができます。

例えば、自宅ならタブレットやKindle で、通勤電車だとスマホで利用。

Amazonアカウントで連携しているので、途中で読むのを中断しても、どの端末からでもページの途中から再開することができます。

読みたい時にすぐに読める

読みたい時に、いつもで画面上で「ポチッ」と購入することができます。

書店のように足を運ぶこともなく、ネット通販のように2~3日待つこともありません。

読みたいと思った時に即購入できるのが大きなメリットになります。

カバンの中で邪魔にならない

本は2冊~3冊ぐらい持ち運ぶと、カバンが重たくなりますよね?

Kindle などの電子書籍ですと、かばんの中で邪魔になることはありません。

軽くて薄いので、小さめのカバンでも収納できます。

電子書籍は値段が割安

電子書籍はデータですので、書店で在庫が残ることはありません。

ですので、一般の本より値段が安く購入できます。

だいたい2割ぐらいkindle版が安い~ Kindleアンリミテッド(読み放題)なら月額980円・・・

凡人ブロガー

電子書籍のデメリット

メリットばかりに思える電子書籍ですが、もちろんデメリットもあります。

kindleのデリット
  • ハイライト・メモ機能が使えない電子書籍がある
  • メルカリで売ると本の方が値段がお得になる。
  • 残しておける

ハイライト・メモ機能が使えない電子書籍がある

「マンガ読める~」「マンガ版~」「マンガでわかる~」のようなシリーズにハイライト・メモ機能が使えません。

その他にも、電子書籍上の「図解」「まとめ記事」なども書式によって使えません。

僕はこの「マンガでわかる〇〇~シリーズ」が好きで、文章だとわかりずらい内容でも、マンガだと理解しやすい。

マンガ最高!!と思っているから、余計に!ハイライト・メモ機能に残せないのが残念なのです。

売ると本の方がお得になる

kindle版の電子書籍は安いように思えて、実際は本より高い計算になります。

本はメルカリ、ヤフオクなどの中古で買えば新品より安く買えます~

そして、読み終えたら売ってお金にすれば、新刊だと高値で売れる。

約1300円の本を買う時(かなり大雑把な計算です)

kindle版電子書籍・・1000円(売れない)

書店で本を買う・・・税込み1400円⇒読んで即売り900円で売れた。(実質500円で読めた計算になる。)

実際には、本は記憶できないので即売りする前に、ブログやSNSでアウトプットが必要になるけど・・・

凡人ブロガー

形として残しておける

本が好きな人ならわかるけど、本気で参考になった本て誰かにすすめたくなるものです・・・

実は誰よりも、僕のおすすめする本を読んで欲しい人は、「自分の子供」と「家族」

数年前まで本を読まなかった僕が、すばらしさを知ったのは本の影響です。

人生が変わる」「本の素晴らしさ」を実感したのです。

それを数年後の子供に読んで欲しいと思っています~

親が本が好きだと、必ず子供も本が好きになります。

その時、僕の本棚が宝物になってくれるて形として残ることすことができますね!

電子書籍と本はどちらお得?

kindle版の電子書籍がいいのか?

紙の本がいいのか?

僕は結論がでません。

僕が本を選ぶときは書店ではなくて、Amazonで「面白いタイトルと内容」と「レビュー評価」で決めています。

読んでみたい思ったら、すぐに欲しくなってしまいますよね?

その時に、絶大な威力を発揮するのが電子書籍になります。

逆に、読みたいけど「雑誌記事」「図解」「マンガ版」のときは本を中心に選びます。

どちらがお得に読めるのかは、本の内容次第かもしれません。

まとめ

「電子書籍と本」どちらがお得?メリット、デメリットを解説とうことで・・・

電子書籍を使うメリットは?

  • ハイライト・メモ機能がアウトプットを効率化する
  • スラスラ読める
  • 複数のタブレットで使いこなせる
  • 読みたい時にすぐに買える
  • カバンの中で邪魔にならない

電子書籍を使うことでのデメリットは?

  • ハイライト・メモ機能が使えない電子書籍がある
  • メルカリで売ると本の方が値段がお得になる。
  • 残しておける

僕が本を読むなら書籍・本、どちらでも関係ないというのが結論です。

大切なのは、本を読むことよりもアウトプットすることが理解を深めることだと思っています~

では👋

Kindle Unlimitedを1年使った感想【本が好きなら100%必要】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です