最強の本の読み方を4つから選びました。

 

本を読む最強のデバイスはどれ?

僕の結論は、本を読む環境に正解はありません。

こんにちは、「BONZIN」です。

先日Amazonサイバーマンデー(確か9800円くらい)でFire HD 10を買いました・・・

その理由は、KindleUnlimited(月額980円で読み放題)などの電子書籍を読むときの快適度を上げるためです。

kindleで読める電子書籍は、一般的な本はストレスがなく読むことができますが、マンガ、雑誌などは、ものすごく読みづらいんですよね・・・

そこで、Fire HD 10なら画面も大きくて雑誌・マンガなどが読みやすくなるんじゃないか??と思いセール期間中に買ってみました。

そこで現時点での、本の読み方は、次の4つになりました。

  • スマホ
  • Fire HD 10
  • Kindle Paperwhite
  • 現物の本

この4つを使い分けて、月にだいたい7冊~10冊を読んでいます~♪

そこで疑問に思ったことは、どのデバイスがどの場面で最強か!?ということです。

今回は、本の読み方を比較して、最強デバイスを考えてみました。

 

雑誌の読み方!最強はFire HD10

10インチカラー液晶で雑誌を読むときのナンバーワンがFire HD10です。

画面が大きので、雑誌やマンガ類には最強ですね!

ただし、Fire HD10は重さ500gで読みづらいのがデメリットになります。

もともと、電子書籍を読む専用端末ではなくiPadのようなタブレットを目指しているのでしかたがないところでもあります。

就寝前の読み方!最強はKindle 

本を読む専用の端末で、片手で十分に持つことができます。

僕は就寝前に本を読むことを日課にしていますが、照明を落とした暗い部屋で寝ながらする読書は至福のときでもあります。

それが可能になるのが、Kindle Paperwhiteです。

目に優しい紙の本を読んでいる感覚に近く、全く目が疲れることがありません!

就寝前の読書はKindle Paperwhiteが最強です。

通勤時の読み方、最強はスマホ

少し迷ったんですが、通勤中の読書最強がスマホになりました~

というのも通勤電車は満員か?空いた車内か?で本を読むデバイスが違ってきます。

僕は満員電車が基本ですので、タブレットは論外になります。

車内で電子書籍や現物の本を読むのもいいですが、ナンバーワンはやはりスマホです。

すぐにポケットから取り出して片手でサクサクと快適に動かすことができますからね~

Kindle Paperwhiteや現物の本は満員電車だと取り出したり鞄に収納したりと、何かと動作がもたつきます。

ですのでスマホが通勤読書には最強だと思います。

安く本を読む。最強は”本”

電子書籍が安く本を読めるイメージがありますが、紙の本が一番安く購入できます。

例えばこちらの「新しい文章力の教室」という本ですが、新品1404円、kindle1274円、中古290円になっています。

送料を払ってでも、最安値で本を読むことができますよね??

Amazonの中古本は、すぐに読めないデメリットはありますが2~3日あれば手元に届きます。

その他にもメルカリで最安値を検索する方法もあります。

本を安く買いたいなら4つの手順でOK!(節約術)

即読める本、最強はKindle 

本をより頭脳に吸収できるときは、ワクワクしている時と言われています。

要は興奮時ですね。

偶然、このタイトルが気になって読みたくなる

Amazonでたまたま関連商品を見つけて今すぐに読みたい~

そんな時にポチッと1回押せば、数秒後にはKindle Paperwhiteにダウンロードされて読み始めることが可能です。

人間が一番インプットできる時は?ワクワク感が半端ないときです。

サラリーマンが読書をするだけで得られる3つのメリットを解説。

見たいと思った瞬間から⇒即読書!この流れが可能なのがKindle Paperwhiteです。

子供や家族に薦めるときは”本”が最強

あたりまえですが、電子書籍ですと家族に紹介することができますが、読んでもらうことは難しくなります。

僕の理想は、子供も本を読むことが好きになること。

ですが「親が本を読まなければ子供が本を読むことはありません。」

子供に「ゲームばかり見ていないで本を読みなさい」という親に限って自分は本を全く読まない!ということもあります。

だから日常から僕が本を読んでいることを子供に見せることで、本を好きになってもらおうと考えています~♪

読書量と年収は比例します!僕が本を好きになったのが20代後半!

もし中学生くらいから月に10冊本を読んでいたら、おそらく誰にも超えることができない日本の上位数%に入る成功者になれそう気がします。

図解系の読み方、最強は”本”

最近、僕がハマっているシリーズがブロックチェーン関連の書籍です。

このような図解での説明が多い書籍は、kindleやFireHD10より”本”が最強になります。

kindleですと図解系は不向きだとわかりますが、FIreHDと”本”を比べると読み方などで”本”に軍配があがります。

なぜか?というと・・・読みたいページにジャンプできることができるからです。

FireHDだと付箋・メモハイライト機能でぺージに移動することになりますが、その手間が本には負けることになります。

図解ページって何度もページを戻ったりして見ますよね??

そんな時は”本”でページ送りした方が何倍も効率よく読めるんです。

メモ
目次から読みたいページにジャンプするときも”本”が最強になります。

まとめ

今回は”本”、FireHD10、Kindle Paperwhite。すべて購入して本を読んできた経験から、どのデバイスがどの場面で最強か?を紹介してみました。

僕の最近の本の読み方は?

  1. Kindle Unlimited(月額980円で読み放題)の本はKindle PaperwhiteFire HD 10
  2. タイトルが気なってすぐに読みたい、ワクワク感が半端ないときは”本”かkindleで購入。
  3. 子供に読ませたいと思う時は”本”

その都度、使いわけをしています。

本の読み方は正解はありません!とにかく読んでアウトプットして自分の頭脳に吸収できることが正解だと思います。

サラリーマンが読書をするだけで得られる3つのメリットを解説。習い事で英語は100%意味がないと思う理由「電子書籍と本」どちらがお得?メリット、デメリットを解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です