「記事のタイトルは選ぶだけで作れます」初心者におすすめな方法とは?。

今回は記事タイトルの簡単な作成方法を紹介します~♪

作成手順は一冊の本を調べるだけ!

初心者にでも簡単にユーザーの心に響くタイトルを作ることができます。

その本は『バカ売れキーワード1000

本に書いてある1000のキーワードの中から、商品や情報をあてはめるだけで簡単に面白いほどにタイトルが書けてしまいます。

『バカ売れキーワード1000』の内容は?

  • 特徴…特徴をより効果的に伝える
  • 気づき…読者に気づきをあたえる
  • 強調…優れている部分を効果的に伝える
  • 人気…熱烈に支持されていることを表現する
  • 感情…感情をとことん表現する
  • リアル感…数字を活用して現実に伝える
  • お得感…お得を強調して読者に刺激をあたえる
  • ターゲット…ターゲットを絞って特徴を際立たせる
  • 誘導…目的へと読者を誘導する

この9つのキーワードをジャンルから選択して、自分がアピールしたい商品や情報で直感に合うキーワードを調べるだけ。

実際に『バカ売れキーワード1000』を使って簡単に記事のタイトルを作ってみます。

今回は例として書籍バカ売れキーワード1000を売るという設定です。

そして『キーワードという魔法で読ませる気持ちをぐっと高める本(バカ売れキーワード1000)』というタイトルを作成してみました~

バカ売れキーワードを使ってのタイトル作成方法は?

ますば下記の4 つをイメージします。

  • 売りたい商品や情報をイメージする。
  • 理想的なお客様像をイメージする。
  • 売るのに理想的なタイミングは今だとイメージする。
  • お客様が感じる一番大きな価値をイメージする。

自分が売りたい商品を『バカ売れキーワード1000』の本で例えると・・・

『バカ売れキーワード1000』を紹介したい時に、4つをイメージした状態で直感でキーワードを選択するという内容ですが…

実際は深く考えずに、商品に合うキーワードを直感で1つ〜2つ選択すればいいでしょう…

『このキーワードは商品に合いそうなフレーズだなぁ〜』

『このキャッチコピーが自分の発信したい情報にピッタリする』といった感じで直感で選びましょう~。

そこで僕は「〇〇の魔法で」と強調を表現する「〇〇をぐっと高める」の2つを直感で選択しました。


1000のキーワードがある中で、コレだっと思えるのも4つか5つピックアップするのもいいでしょう~!

あとは「〇〇」の部分に自分の売りたい商品や情報を書き換えます」

「〇〇の魔法で」「〇〇をぐっと高める」〇〇をキーワード”と”読ませる”に自分なりに置き換えてみました。

「バカ売れキーワード1000」という本を紹介したい時に、どうしたら魅力的なタイトルになるか?

自分だけの力では考えられない時は「バカ売れキーワード1000」を参考にするのもいいでしょう~?

今回はバカ売れキーワード1000の書籍を売りたいので「キーワードという魔法で読ませる気持ちをぐっと高める本(バカ売れキーワード1000)」商品名や情報名もタイトルに入れました。

バカ売れキーワード1000を読みたいけど実際どうなの??」とか「バカ売れキーワード1000の中身の内容は?」という本のタイトル名で検索したユーザーも取り込むことができます。

Amazonレビューでもありましたが、『バカ売れキーワード1000』はブログのタイトルだけでなく、ヤフオク、メルカリの商品タイトルにも効果的です。

例)バカ売れキーワード1000でタイトルを作成

限定トミカをヤフオクやメルカリで売りたい場合!

普通にトミカを売るだけの商品タイトルですと・・・

「中古品!美品限定トミカアルファード開封済み」というようなタイトルで付けてしまいそうです。

「バカ売れキーワード1000」で直感でキーワードを選択してタイトルを作成すると・・・

入手困難!1円からスタート。中古限定トミカアルファード赤字覚悟です。

どちらのタイトルが読み手の心に響くでしょうか???

まとめ

今回は記事タイトルを初心者でも簡単に作成する方法を紹介しました~

結論は「バカ売れキーワード1000」で選択するだけで読者を惹きつけてしまうことができることです。

ブログの記事タイトルでお困りの方は参考にしてみてはどうでしょうか??

「文章の書き方」を公開!ブログは単純な6つの法則に従うだけ! ブログ運営10ヶ月目で収益半減!僕はなぜ稼げないのか?その理由がわかります。 無料「note」で初心者がブログ運営を学ぶ! サーチコンソールの使い方を覚えたらクリック率が2倍になりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です