映画の感想「カメラを止めるな!」初見で見に行くための心構えはコレだ!!

映画「カメラを止めるな!」を全くの予備知識なしで、

最初は「ホラー映画なの??

とりあえず見てみようか?」くらいの勢いで見に行きました。

ところが、映画終了時には、僕は圧倒的にカメラを止めるな!マジックに引き込まれてしまったのです。

最初から最後まで一瞬も飽きることなく怒涛の展開でコレ??

ホントに製作費300万円??て思える出来上がり〜

まさか、まだ「カメラを止めるな!」を見ていない人はいないですよね?

人生損してますよ!!

そのくらいの面白さです。

笑いあり??ドキドキあり??の連続で一瞬も気が抜けないんです・・・

率直に思ったのが・・・

ほんとに面白いものって製作費なんて関係ないよね!?」僕が言いたいのはコレです。

今回はネタバレしない程度に、初見で「カメラを止めるな!」を見る時のポイントをお伝えします。

これを見てあなたも、カメ止めマジックにハマってくださいね。

冒頭40分はホラー映画だと思って心臓を高めろ!

初見で映画「カメラの止めるな!」見る時は、ホラー映画を楽しむ気持ちで純粋に見るようにしましょう・・・

僕は全3回「カメラの止めるな!」を見ていますが・・・
(映画を数回見るのも人生初)

全部、違った視点で映画を見ています。

ネタバレになるので詳しく言えませんが、最初は血が飛び出すリアルなホラー映画です。

(映画の後半になると「違う視点で映画を見る」ということの意味がわかってきます)

恐怖に心臓をバクバクさせながら楽しんでくださいね!!

僕の初見「カメラの止めるな!」の冒頭20分くらいの感想は「気持ち悪い~」

「夕飯の食欲なくなりそう・・・」でした。

ところが見終わった後は「夕飯???」そんなの関係ないくらい忘れている!!てか笑えた!!

「ホラー」なのに「笑える??」と疑問に思うかもしれませんが、初見40分は純粋にホラー映画を楽しんでください。

冒頭40分のカメラを止めるな!の音響が素晴らしい!

僕は最近、あまり映画を見ていませんでしたが、やっぱり映画館ていいですよね??

テレビのロードーショーや、Amazon映画で見る音響なんて比べ物になりません。

音響に関しては全くド素人ですが、それでも「カメラの止めるな!」の音響シーンは興奮とドキドキ感が半端ないです。

詳細はこちらから⇒zombeat (映画『カメラを止めるな!』メインテーマ)

初見は「ホラー映画」だと思って見に行きましたが、恐怖を感じるところと「音響」が絶妙にマッチしていて、僕の心のドキドキを表しているようなんです。

音響も良いと、それと同時に映画にのめり込んで見てしまう・・・

そこにいるような感覚になります。

冒頭で僕は「カメラの止めるな!」はVR映画だったら、すごく恐怖心がでるんじゃないか?

なんて考えながら見ていたんですが、VRではダメですね!!

これもネタバレになるので終了です。

ちなみこのエンディングテーマ曲も「カメ止め」ワールドに絶妙にマッチしていますよ。

ポップ調のノリのいい曲で、もう一度聞きたくなる曲です~

後半はどうやって撮影したのか考えながら見る

「カメラを止めるな!」後半はどうやって撮影したのか?という疑問を持ちながら見ていました~

どうやって?というとカメラワークです。

ヒントになりますが、冒頭40分で出演監督が出てきますが、カメラを持って映画を撮っています。

でも「その監督を撮っているカメラ=僕らの映画館の視点」て誰が撮っているんだ!?と考えていました。

「どうやってカメラを撮っているの?」

「どうやって役者は演技しているの?」と考えながら後半は見てもいいかもです。

そんなことは関係なしに笑えますが!!

後半は冒頭40分をもう一度見たくなってウズウズ・・・


僕の「カメラを止めるな!」を見終わった後の率直の意見は「もう一度見たい」でした。

そして、すぐ翌日見に行ったんですが・・・「

冒頭の40分を違った視点で見たい」と思ったからです。

たぶん、誰でも、もう一度見たいと思うのではないでしょうか??

もう一度見る時は「ホラー映画」視点ではなくて、「違った〇〇視点」で見るといいかもしれません!

それとマジで後半の役者魂は半端ないっす!

役者てテレビドラマで売れている人だけではないんですね!!

結論「面白いものにお金は関係ない」は自分自身のモチベーションに!!

ここからは個人的な感想ですが…

「面白いものにお金は関係ない」といった言葉が「カメラを止めるな!」にはピッタリあてはまります。

製作費を数億円使って作られる豪華な映画も面白いですが、数百万の製作費の映画も面白ければ、ハズることができる。

コレって、いろいろ考えさせられる映画なんです。

映画も仕事もブログも面白ければ、だれもが注目してくれて、”いいね”をしてくれる。

自分自身へのブログ運営にも考えさせられる映画です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です