家計簿からの節約「年収600万で毎月7万円のお金を作る方法」

家計簿から節約する方法は?

  • 倹約すること
  • 給与から天引してお金を作ること

この2点です。

どうも「BONZIN」です。

僕は家計簿を簡単に作っていて、年収600万弱で毎月7万近くのお金を作ることに成功しました。

「お金がなかなか貯まらない〜」

「これ以上どうやって支出を、減らせばいいのわからない〜」

そんなときは、家計簿を作って支出管理をしてみませんか?

今回は、年収600万弱の僕が毎月7万円のお金を作る方法です。

この記事でわかること

  • 家計簿から節約する方法
  • 毎月7万円のお金を作るために必要なこと

上記の2点です。ではいってみましょう〜♪

家計簿から節約する方法

年収600万円弱のサラリーマンは、手取りで約月28万ぐらい(ボーナス2回で100万円)になります〜

今回は、僕が家計簿から節約できたことを簡単に紹介していきます♪

項目 金額 節約ポイント
投資額 43000円 給与から引き去る
貯金額 30000円 給与から引き去る
住宅ローン 74000円 ネット住宅ローン借り換え
修繕+管理費 20000円 現状維持
駐車場 6000円 現状維持
光熱費(電気ガス水道) 20000円 現状維持
通信費 9000円 格安SIMに移行
保険代 5000円 ライフネット生命に移行
学校費 6000円 現状維持
ガソリン 6000円(通勤手当) 現状維持
習い事 7000円 必要な習い事のみ
食費 60000円 不要なものは買わない

トータルで毎月286000円の出費で、手取りラインギリギリの生活です。

毎月の生活はギリギリですが、手取りだけで生活していくことが可能です。

BONZIN

家計簿から6つの節約ポイント

家計簿からの節約方法を6つにまとめました。

  • 節約の目標を決める
  • 固定費の削減
  • 習い事は不要
  • 小遣い制はやめる(副業のすすめ)
  • クレジット払いで集計

節約の目標を決める

家計簿から節約するといっても、何も考えずにお金を貯めていけばいいのではありません。

僕の場合は、給与の20%を確実に投資に回す、という目標をたてました〜

手取り20%を自動振込で積立投資する

ポイントとしては?

  • 給与から天引きする
  • 給与直後に自動振込

給与−(投資+貯金)=残りで生活費

少し、生活が厳しくてもボーナスで補うという方法にしています。

強制的に毎月お金を投資や貯蓄に回し、20年間で1800万円貯めるという目標です。

  • 積立NISA・・・20年間で800万円
  • 貯金の年間額・・・50万円(月3万円+ボーナス7万)✕20年間=1000万円
    (投資は年利5%の運用で貯蓄と合わせて2000万円を超える計画)

固定費の削減

固定費の削減はネットを利用することです。

僕は、今までは店舗(対人)があるところで固定費は支払うものだ!!と思っていました・・・

ですが、店頭や営業スタップがいるサービスは、僕たちが手数料を上乗せして支払っているのです。

ネット専用会社ですと、人件費などが削減できるから手数料やサービス料が安い

デメリットは、何かのトラブルがあったときに相談できるか?です。

ですが、自分自身で知識を学んでいけば、そこまで不安になることはありません。

その他には、住宅ローンもネット専用銀行に移行したほうがいいでしょう〜

現在のおすすめは、下記の2点(A8netのセルフバックで現金がキャッシュバックされます)

  • SBIネット銀行(新規カード発行で4700円)
  • auの自分銀行住宅ローン(新規借り入れ完了で30212円)

セルフバックの詳細はこちら→A8.net無料会員募集!

今まで他人に任せてきたことを、自分でできるようにしておくことですね・・・・

BONZIN

格安SIMのシェアプラン「2人で4000円と約20GBを独占する方法

習い事は不要

習い事は、子供がホントにやりたいことだけと決めています。

我が家の子供達は、だいたい月1万円までの予算で習い事させていますね〜

英語、ピアノ、習字、スイミングなどは、必要なの?といった考えがありますが、僕は不要だと思っています。

その理由は将来、子供の役に立つのか?といったことを考えるからです。

  • 英語・・・Google翻訳がある
  • ピアノ・・・ピアノを使った働きが少ない
  • 習字・・・パソコン・スマホ中心の生活で不要
  • スイミング・・・泳げなくても生活できないわけではない

現在ですと、プログラミング教室を通わせたいと思いますが、子供のやる気次第にといったところですね♪

小遣い制はやめる(副業のすすめ)

小遣いはもらわない。自分で稼ぐことです。

30代の大人が小遣いで3万円!!!

高校生のバイト代より少ない、何かおかしいと感じるのは自分だけでしょうか?

そこで僕は、小遣いは不要といった選択肢(食費だけを最初はもらう)をとりました〜

流れとしては?

  1. 不用品をメルカリで売ってお金にする
  2. ブログで小額を稼ぐ

副業をして、自分で稼ぐ力をつければいいという答えになったのです。

サラリーマンが月3万円稼ぐブログ副業術→https://slowlyblog.com/wp/

倹約した生活

倹約した生活をしなければ、家計簿から節約することはできません。

書籍「となりの億万長者」でも書かれていますが、お金持ちの特徴は、質素な暮らしをして、倹約家だということです。

ホントに必要なときにしかお金を使わない(無駄使いをしない)

一般のお金持ちは、派手なライフスタイルをしているというイメージを持ちますが、それはメディアに作られた洗脳です。

僕が、最も効果的だったのが物を捨てることでした。

  • 着ることがない服、靴を処分
  • 机、ベットを処分
  • テレビを処分

だんだん物を処分してくと、物欲がなくなっていくのです。

死んだときに残しておいて喜ばれるものは〜
●楽しい思い出
●お金
物は邪魔なだけ・・・

BONZIN

どこかのツィートで見かけましたが、まさにコレです↑↑

クレジット払いで集計する

家計簿から節約する方法は、クレジット払いにすることです。

  • 車関係
  • 格安SIM
  • 保険
  • 食費
  • 生活費
  • 習い事

支出管理がしやすく、クレジットカードによってはポイントも付与されます。

給与−投資7万(貯金)=生活費(住宅ローン+クレジット払いのみ)

例えば、楽天カードですとアプリを使えば、支出管理も簡単になります。

ほぼ現金を使う場面はなくなってきましたね〜

セルフバックで楽天カードを入会すると11000円キャシュバック。

まとめ

家計簿からの節約「年収600万で約20%のお金を作る方法」

お金の節約は給与から天引して、差し引いた金額を倹約しながら管理すること。

その中での、家計簿からの6つの節約のポイントは?

  • 節約の目標を決める
  • 固定費の削減
  • 習い事は不要
  • 小遣い制はやめる(副業のすすめ)
  • 倹約した生活
  • クレジット払いで集計する

節約するためには、ライフスタイルを変えていかなければいきません。

そのためには、倹約することも大切になりますね〜

セルフバックで楽天カードを入会すると11000円キャシュバック。

ではまた👋

2 COMMENTS

とら

ためになる記事をありがとうございます。
格安SIMを2人でシェアする方法は知らなかったので役に立ちました。シェアした方が断然お値打ちですね。
子供の習い事については、支出を抑える方法としては最後の手段かなと思います。即役に立つ技能でなくとも体験させることが子供の成長にプラスに作用するのではありませんか。子供の成長につながるものにお金を使わなくて、いつ使うのだと思いました。
この点についてはちょっと納得できません。

返信する
takafumi

こんにちは。
節約方法が具体的なのでとても参考になりました。
工夫して生活しないとやっていけませんね。ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です