会話を続かせるシンプルな解決方法はブログです。

ブログを書く=会話のネタが広がる

20年近くサラリーマンをしているんですが、ブログを始めるようになって仕事で出会う人と、会話のネタに困らなくなってきたなぁ~と感じています。

今までは苦手な人がいると「何を話していいのだろうか?

沈黙が嫌だな~!」

会話が続かなかったらどうしよう・・・」と考えてしまい。結局その相手とうまく話せなかったり、会話が続かなくってしまって

この人は暗い性格でツマラナイ人」というイメージを与えてしまっていました・・・

そんな私ですが、ブログをスタートさせてからは、文章を考えて記事にすることを繰り返しているんですが、継続して記事を書くことでネタに困らなくなってきまたんです・・・

そこで「ブログと会話」て似ていると気が付いたのです。

今回はブログの記事を書き続けることで、日常の会話ネタに困らなくなる!ことをお伝えします。

ブログ力があがれば会話力もあがります。

ブログに記事を書く時に必ず考えることは?

私がブログ記事を書く時に、いつも考えていることは5W3H1Rです。

「5W3H1R?」を知らない方に簡単に説明すると、ビジネスの基本用語でニュースや新聞などの原稿を書く時に使われる法則です。

参考 ビジネスの基本用語解説5W1Hコトバンク

一般的には5W1Hと言われていますが、私はさらに5W3H1Rを参考にして記事を書きます。

5W3H1R
  • When・・・いつ、いつまで
  • Where・・・どこで、どこへ、どこから
  • What・・・誰が、誰向けに
  • Why・・・なぜ、どうして
  • How・・・どのように
  • How many・・・どのくらい
  • How much・・・いくらで
  • Result・・・その結果どうなったか

この5W3H1Rを意識して記事を書いていれば「何を書いていいのかわからない?」ということは段々となくなってきます。

例えばアイリスオーヤマのサーキュレーターの商品を紹介しようとする記事だと・・・
サーキュレーターはコスパ最強で猛暑の夏を快適に過ごします(アイリスオーヤマPCF-HD15N)

  • サーキュレーターて何?(What)
  • サーキュレーターのどこで使うの?(Where)
  • サーキュレーターを使うとどうなるの?(How)
  • サーキュレーターの大きさは?(How many)
  • サーキュレーターの値段は?(How much)
  • サーキュレーターを使ったらどうなるの?(Result)

記事を書く時に5W3H1Rを意識して、その商品や情報に当てはめるだけで文章を書くことができるのです。

参考にしている本は?

5W3H1Rで会話の口実を作る

ブログの記事作成で意識している5W3H1Rを日常の会話でも使うことで、「何を話したらいいのかわからない」「会話が続かない」と言った話のスタートから上手くいかないということは解消されます。

例えば仕事などで、自分が少し苦手だなぁ~と思う相手と話す時。

  • 今日は会社までどうやってきましたか?How
  • 毎日、何時ぐらいに家を出ています?When
  • どこに住んでいるんですか?Where
  • 好きな料理は何ですか?What
  • どこか夏休みはいきますか?Where
  • 休みの日て何をしていますか?What

凡人ブロガー

5W3H1Rを常に頭に入れてながら話すのです。

そうすることによって、会話のスタートを切る口実にはなります。

会話のネタを拡大するコツは脱線ありきで話すこと

ここからが重要になるんですが、5W3H1Rの法則で頭で考えながら話すと、会話のスタートは上手くいきます。

ですが話が一方通行になってしまうのです。(質問攻めになること)

重要なことは、相手の返答から会話を脱線させながら話すことです。

むしろ脱線させなが話すことをしなくては会話は長く続きません!

例えば、苦手相手Aさんと話すときは?

私:「今日はどうやってきましたか?」Where

A:「電車で会社まで来ました。」

私:「どのくらい時間はかかりましたか?」How many

A:「40分くらいで会社まで来ました。」

私:「40分ですか!?私の3倍ですね!もし私が会社まで40分の距離なら、健康のために自転車で通勤しますよ」脱線

A:「自転車ですか!?〇〇・・・」

脱線ありきの会話を目指します。というより脱線しないと会話は長続きしません。そしてAさんがその後に・・・

A:「自転車ですか!?私も少し興味があるんですよ!」

私:「ホントですか!?なぜ興味をもったんですか?」Why

というように、相手の返し方で5W3H1Rと脱線を繰り返しながら会話のネタを増やしていきます。

苦手な相手と会話を楽しむには笑いが必要!

5W3H1Rの法則と脱線を繰り返しながら、苦手な相手と話すことができた時、次に目指すのは?

それは「笑いネタ」です。

これは常日頃から練習するしかありません!お笑い芸人が女性にモテたりするのは、単純に会話が上手いから、会話で笑わせることができるからです。

ですが目指しているものは、お笑い芸人ではありませんので、「大爆笑をさせることはしなくてもいい」のです。

話の中で相手が「クスっと」笑ってくれる感じの会話を目指すことで苦手な相手でも、親近感をもってくれることになります。

会話のネタに困った時に使える最終兵器とは?

少し大げさな見出しですが、それだけインパクトのある技です。

それは、もし〇〇だったどうしますか?

「もし、Aさんが自転車を買ってもらえるなら、どんな自転車をもらいますか?」

「もし、Aさんが毎月3万円、給与と別に収入があるとしたら、どうやって使いますか?」

こんな感じで、「もし○○だったら~」と質問すると必ず相手との会話のネタは広がります。

まとめ

ブログ力を高めることで会話力もあがります。

毎日のように記事を書く、そして知識や情報をインプットすることで、ブログネタに困らなくなるんですが、同時に人との会話のネタも豊富になるんです。

5W3H1Rで記事を構成すること=会話を続かせるコツになる

私も、まだまだブログを書き続けて会話のネタを広げていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です