JPEGとPNGの違い。ブログでの使い分けを覚えよう~

どうも!『凡人サラリーマン』

ブログにイラストを添付する時は、JPEGとPNGファイル、どちらの形式でダウンロードしていますか?

ブログに、イラストの編集なしで添付するときはjpg。

イラストの編集ありで添付するときはPNGのダウンロードがおすすめです。

ブログ初心者が、よく理解できないのが、ファイル形式ですよね?

「JPEGファイルて何?」
「PNGファイルて?」
「デジカメで撮影する時もJPEGてあるけど?」

今回は、超初心者向けにJPEG、PNGファイルの違いと、便利な使い分けをお伝えします。

僕のブログではメインにイラストACというフリーイラスト素材を使っています。
無料イラストなら【イラストAC】

例としてイラストACのファイル形式でみていきましょう〜♫

アイキャッチ画像の素材をゲットできるフリーサイト8選しました。

JPEG、PNGファイルの違いは?

今回はイラストACのJPEG、PNGファイルをダウンロードして比較します。

JPEGとは何?

  • 容量・・・25KB
  • サイズ・・・842×595

JPEGの呼び方は(ジェイペグ)

デジカメなどで撮影した写真のファイル形式で使われることが多いです。

JPEGは容量が小さく大量にファイルを保存できます。

JPEGはイラストACからダウンロードした時のサイズが最大になります。

写真をそのままブログに添付する時はJEPGファイルの保存で問題はないでしょう。

ですがイラスト編集などで、画像を変換すると画質の粗さが目立つことになるので注意が必要です。

JPEGファイルのイラスト編集で致命的なのが透過できないこと。

上記のイラストのように背景が浮かばないイラストになってしまいます。
(黒色と白色の不自然な感じになります。)

PNGとは何?

  • 容量・・・60KB
  • サイズ・・・842×595

PNGファイルは呼び方は(ピング)です。

PNGファイルはJEPGファイルより容量が大きいです。(PNG>JPEG)

そのままの綺麗な写真を保存しますので、色を省くことはしていません。

画像を圧縮変換しても画質が粗くなるということはありません。

PNGは上のイラストのように透過して保存するファイル形式です。

イラスト編集では透過できることが最大にポイントになります。

PNGファイルでイラスト編集は簡単に!

Canvaを使ってPNGファイルをイラスト編集する時は簡単に作ることができます。

PNGファイルが透過していますので、背景色を変更するだけで簡単なアイキャッチ画像を作ることも可能です。


簡単にすぐに使えそうなアイキャッチ画像が作れます。

逆にJPEGファイルだと物体が透過しないので・・・



明らかに不自然なイラストになってしまいますよね?

JPEG・PNGファイルを拡大してみる

画像編集フリーソフトGIMPを使ってJPEG、PNGファイルサイズを3000×2119にしてみました。

GIMPは7つの使い方を覚えるだけ!初心者用の画像編集

約4倍に画像を拡大しています。

まずはPNGの拡大画像です。

次にJEPGの拡大画像です。
[/cell][/yoko2]

少しわかりずらいですが、拡大するとJPEGファイルの方が画質の粗さが目立ちます。

逆に言えば、イラストを編集なしで画像を添付する場合、拡大してもそこまで変らない。

ですので、ブログにイラスト編集しないで添付時はJPEGをダウンロードした方がいいでしょう~

まとめ

JPEGとPNGの違い。ブログでの使い分けを覚えよう~ということで・・・

写真やイラストを編集なしでブログに添付するならJPEGファイル一択!

少しでもイラストを編集するならPNGファイルをダウンロードすること。

関連記事
その他にもイラスト関連の記事を書いています。
Canvaの使い方。最短5分でバイラル画像が作れます(初心者向き) 最短5分!Canvaで初心者がアイキャッチ画像を作成 アイキャッチ画像の素材をゲットできるフリーサイト8選しました。 時短!効率を求めた記事作成はメモから始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です