初心者がICO投資を始める方法とは?「未来をどう読むかです」

投資初心者のサラリーマンがICO投資に挑戦する企画です。

ICOってなに?IPOではないの??そんな初心者の簡単な疑問から~

なぜアルトコイン投資の他にもICO投資をするのか?

そして凡人サラリーマンがICO投資をスタートさせるための考え方とは?ICO投資の始め方?を僕なりにお話しします。

これを読んで、少しでもIOC投資の予備知識を高められればと思います!!!

ICO投資とIPO投資の違いは?

ICOとは何か?聞いたことがない人もいると思いますが・・・

  • IPO・・・株式を市場に公開すること
  • ICO・・・事業者が資金調達のために(仮想通貨)トークンを発行すること

単純な違いは、中央管理者が「不在かどうか?」

株は審査が厳しく実際に上場できる企業は限られています~
(周りの町の会社は上場してませんよね??)

ですがICOは「誰でも、いつでも自由にトークンを発行して資金調達ができる

なぜ?それができるのか?

それは中央管理者が不在だからです。

シンプルな例だと・・・

新しい未来のプロジェクトをスタートしたいので支援してください。1トークン=○○円です。

サラリーマン

ICOは投資する人がお金(円)を提供せずに仮想通貨を使います(BTCやETHでトークンと引換える)

その代わりにトークンをもらいます。

トークンとは?
トークンと仮想通貨の違いは?お店で決済できるかできないかでみると分かりやすいです。 持っているだけで価値となるのがトークンです。

中央管理者が不在でのメリットは、企業より個人の信用にチャンスが生まれることになる。

このプロジェクトは面白いから投資する」「この人の面白い企画に投資する

そんな感じで簡単にICOとIPOは中央管理者がいるか?いないか?で分けられます。

なぜアルトコインの他にICO投資なのか?

では取引所などで価値のあるアルトコインを見つけて投資するだけでいいのでは??と思えるかもしれません。

僕の仮想通貨の未来を簡単に説明すると、法定通貨(円)のように仮想通貨が日常的に使われ始めるために、まずは通貨の安定が必要だと考えます。

1BTC100万円⇒半年で40万円

このような上下の値動きのある通貨を持って、あなたは日常生活で買い物などに使えるでしょうか?

通貨が安定するのは値幅(価値)が上下しなくる時です。

それはBTC(ビットコイン)なのかもしれませんし、ETH(イーサリアム)かもしれません。

今ある仮想通貨やトークン(約1000種類)で最終的に通貨として流通するのは10種類もいかないと僕は予測します。

だって、30種類ぐらいコインがあったら「何を持てばいいの??」となりますね~😕

その中で既存する通貨が価値を高めるかもしれませんし、ICOで次世代のテクノロジーの通貨が誕生するのかもしれません。

未来は誰にもわからない」ということは言えますが・・・

一度世に生まれたテクノロジーは消滅することはない、誰かの手によって開発されて成長していくことも確かなのです。

今までを要約すると…

  • 最終的には価値のある安定する数種類のコインしか残らない
  • そのコインは既存の通貨か、新しく誕生する通貨かわからない
  • 仮想通貨のテクノロジーは消滅しないし開発成長し続ける

そんな未来がイメージできます。

というか間違いなく通貨は法定通貨のみでなくなると断言できるので、それ以外でとなると中央管理者不在の仮想通貨しかないよね??といった未来も少し見えてきます・・・

ICO投資のデメリットは?

上場されれば数倍~数千倍の利益になる!!今が買い時!そんなうまい話ばかりではありません。

ICO投資にはデメリットがあります。

  • 詐欺通貨が多い
  • 上場されない

ICO投資には詐欺通貨あります。

後で解説しますが、ICOには僕たちが購入できるクラウドセールよりも前に、プレセールという知人・友人・関係者しか購入できない期間があります。

プレセール(価格安い)<クラウドセール(プレセールよりも価格は高い)

「もう検討がつきますよね??」

先に買った人(関係者)が通貨を大きく宣伝して、口コミなどで盛り上げ価格を上昇させる。

クラウドセール(僕ら一般人が買える)で「こんな話題で盛り上がっているから上がりそうだなぁ~」と思って購入する。

価値が上がった通貨をプレセールで買った人が売りさばく。

そうなるとコインの価格は下がって価値がなくなりますよね?

それを開発者が行う詐欺ケースもあるので厄介なんです。

救いなのは価値が下がってもバイナンスなどの取引所での上場すればいいけど、開発者が資金を持って逃げてしまったら終わりです。

中央管理者不在で「誰でも、いつでも自由にトークンを発行して資金調達ができる」のはメリットだけど、その分だけデメリットも背負うことになるのがICO投資です。

ICO投資で詐欺にあわないために

僕たちサラリーマンがICOで詐欺に合わないために気をつけることは?

  • 自分で考えて調べる
  • 他力にならない
  • おかしいと思ったら投資しない

僕もICO投資初心者ですので、自分への意味を込めていますが、詐欺にあわないためには自分で気をつけるしかないということ。

自分で慎重に調べて納得して購入する。

少しで変だと思ったら購入しない!

これから儲かる株を教えて?」「価値がでそうな仮想通貨は?」と人任せにしないこと。

ICOの販売方法は?

さきほど少し話しましたが、ICO販売方法・仮想通貨の取引はこのように進められていきます。

「購入場所と購入できる人」↓↓

  1. プレセール(価格安い)・・・友人・知人・関係者
  2. クラウドセール(プレセールより高い・英語中心)・・・一般の人
  3. 取引所(価格はバラバラ・海外取引所)・・・一般の人

僕たちサラリーマンのICO投資はクラウドセールで購入するときを指します。

ちなみに日本の仮想通貨取引所は、海外の取引所の中でも更に絞られた5~10種類ぐらいしか取引できません。

ICO投資の参加手順は?

ICO投資の手順
  1. 国内の取引所(【DMM Bitcoin】)で口座を開設(こちら
  2. 海外の取引所で口座を開設⇒バイナンス登録方法はこちら
  3. 国内の取引所でETH(イーサリアム)を購入。
  4. マイイーサウォレットを開設する⇒こちら
  5. 国内取引所からマイイーサウォレットにETHを送金する
  6. COINJINJACoinGeckoでICO案件を調べる
  7. その中で事業者のサイトからトークンをETHで購入する。
  8. トークンがマイイーサウォレットに送金される

簡単に説明すると、ICO投資は中央管理者不在なので、自分でウォレットをもって事業者に送金しトークンを受け取るだけです。

まず、はじめに国内取引所でETH(イーサリアム)を買いましょう~

ETHは、ブロックチェーンを流用して簡単に新しいトークンを作成可能にしています。(ERC20企画)

例えるとCDプレーヤーはETHで、CDはERC20のトークンと覚えておいてもいいかもしれません。

ICOトークンはERC20企画で開発されることが多いので、必然的にウォレットはマイイーサウォレット。送金通貨はETHになります。

アルトコインの保管方法!最強のウォレットはどこになるのか?
MEMO
ICOトークンによってBTCや他のアルトコインの場合のあるのでCOINJINJACoinGeckoで検索してください。

僕のICO投資、今後の挑戦方法は?

今回はICO投資初心者の始め方と未来をどう読むか?についてお話ししました。

ICO投資の見方は、僕の個人的な考えのようなところもありますが、数々の書籍などでも同じようなことを言われています~

僕は人類の必須科目は投資だと考え方が変わってきました

投資をしなければ、お金を増やすこともできないしサラリーマンをリタイヤすることもできない。

そのためには投資です。

IOC投資の考え方は、アルトコイン投資と同じで少額分散になります。

人によってお金の価値観は違いはありますが、数百円から購入できるICOトークンはサラリーマンにはピッタリではないでしょうか??

次回からはICOトークンの詳しい調べ方、詳細な買い方をお伝えしようと思います。

まだ実際にICOトークンを購入していませし検討中なので、勉強段階です。

自分で調べて記事にできたらと思っています・・・

アルトコイン投資は仮想通貨3.0世代EOS(イオス)が本命!! 仮想通貨のアルトコインて何?今、なぜ投資しなければならないのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です