サーチコンソールの使い方を覚えたらクリック率が2倍になりました

Googleサーチコンソールを使い方を覚えれば、アクセスアップやクリック率を上げることが可能です。

初心者がサーチコンソールで覚える3つのポイントは?

  • 各記事が検索順位で表示された回数
  • その記事がクリックされた回数
  • どのようなキーワードで検索されたか?

先日、サーチコンソールを使っていると「自分の意図しないキーワード」で検索されいることに気づいたのです。

それなら、検索されたキーワードに書き換え(リライト)すれば、検索順位が上がるかも?と思って実行すると・・・

その記事の平均CTR50%で検索順位は2.2位にアップしました!

平均CTR率とは
Googleでの検索順位で表示回数÷クリック回数。つまり2回に1回は読まれたこと。
ご案内事項のある座席て何?家族4人で航空券を予約して常識を知った!

今回はGoogleサーチコンソールを使い方を覚えて、検索順位を上げる方法をお伝えします。

MEMO
サーチコンソールの登録方法などは解説していません

基本的なサーチコンソールの使い方

サーチコンソールで確認できる内容は以下の通りです。

  • クリック数⇒Google検索で表示された記事を実際にクリックした回数
  • 表示回数⇒Google検索で表示された回数
  • CTR⇒表示回数÷クリック数
  • 掲載順位⇒Googleで検索した時の記事の順位

サーチコンソールを使ってブログ内で検索されている「表示回数」の多い記事を確認します。

①検索トラフィック
②検索アナリティクス
③各項目に全てにチェックをいれる
④「ページ」を選択する

次に「表示回数」をクリックして、多い順に並べ変えます。

並び変えると、Google検索で表示はされているけどクリック率が少ないページを選択します。

例でいうと、Google検索で528回は記事タイトルが表示されているけど、実際にクリックされた回数は16回となります。

割合(CTR率)で3%になります。
(100人中3人しか記事タイトルをクリックしていない)

サーチコンソールで検索キーワードを調べる

ユーザーは「どのようなキーワード」で、この記事を検索したのかを確認します。

①「クエリ」を選択します。
(検索キーワードが表示されます)

②「表示回数」を並び変えます。

多く検索しているキーワードは「ご案内事項のある座席」ということがわかります。

全く自分の意図と関係のないキーワードで検索されていたのです。

この記事の当初の狙ったキーワードは「航空券 座席 予約」

ですが、実際には一番多く検索されているキーワードは「ご案内事項のある座席」になっています。

サーチコンソールを使って記事をリライトする

リライト方法は「タイトル」と「本文」になります。

ご案内事項のある座席」と検索して表示された回数は83回あるけど、実際にクリックされのは2回のみ。

ユーザーの意図は「ご案内事項のある座席とは何か?」を知りたい。

だけど、僕の記事タイトルは「航空券 座席 予約」を含むタイトルになっていました。

これなら、ユーザーの意図が違うので検索されることはないですよね??

そこでタイトルを含む記事をリライトすることにしました。

ご案内事項のある座席て何?家族4人で航空券を予約して常識を知った!

タイトルは「ご案内事項のある座席て何?家族4人で航空券を予約して常識を知った!」に変更して、

記事の内容もユーザーの意図に答えていく本文にリライトしています。

Googleの検索順位はあがったのか?

Googleで「ご案内事項のある座席」と検索すると順位が2位まで上昇しました。

 

まとめ

サーチコンソールの使い方を覚えたらクリック率が2倍になりました。

サーチコンソールを使えば、予期しないキーワードを発掘することができます。

そしてタイトルと本文をリライトすることで「CTR率」「検索順位」も変わってくるでしょう~♪

無料ブログで稼ぐ方法(アクセサリー解析)ブログの文章が読まれないときに改善する3つのこと

2019/05~追記~

現在、Googleサーチコンソールは新バージョンに変わっています。

ですが旧バージョンも使えますし、新サーチコンソールでも使い方は変わっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です