サラリーマン+フリーランスの生き方で働く方法を伝授!

サラリーマンとフリーランスはどちらの生き方がいいのか?

僕の結論を言うと、サラリーマンは本業+フリーランスで働くこと!です。

いつクビなっても他の稼ぎで生きていける!!

このようなプランを計画して働きます。

こんにちは、凡人サラリーマンです。

僕はサラリーマンを辞めて好きなことをして生きていくことを目標にしていますが・・・

現実は「新しい生活が怖い」「食べていけなくなったらどうしよう?」といった感情で行動することがなかなかできません。

そこで、僕はサラリーマン+フリーランス!いわゆる複業をしています。

副業と言えば、本業を疎かにすること!と言い変えることができますが、複業は「どちらも疎かにしない」ということです。

今回は、複業をしたい人に会社員・サラリーマンとフリーランスはどのような違いがあるのか?

そして、サラリーマン+フリーランスの生活では、僕たちはどのように稼いでいけばいいのか?

僕の考え方を紹介したいと思います。

「サラリーマン」と「フリーランス」を比較する

サラリーマンとフリーランスどちらがいいのか?

メリットとデメリットを各項目ごとに紹介します。

サラリーマン フリーランス
収入 安定 不安定
利益 会社の利益 自分の利益
稼ぐ力 余り身に付かない 嫌でも身に付く
保証制度 多い 少ない

収入(稼ぎ)利益が安定しているのはサラリーマン

収入(稼ぎ)が安定しているのは、言うまでもなくサラリーマンですよね?

例えば、体調が悪くて一週間ぐらい会社を休んでも、収入が減ることはありません。

安定している理由は、「あなたが働かなくても他に代わりがいる」と言われているのと同じです。

会社は大きな組織なので、あなたが仕事を休んでも利益が変わることはない。

フリーランスは逆に休むと、その期間は一銭も利益が生まれません!

そしてサラリーマンのデメリットは、例えば、あなたが営業で1000万円の利益を獲得しても、給料は数万増えればいい方で利益は全て会社のもの。

どれだけ汗水流して働いても、自分の利益には一銭もなりません。

フリーランスは働いて稼いだ金額が自分だけのものになることです。

サラリーマンと違って会社の利益にはならないので、自分で好きなだけ使えることになります。

それがフリーランスの魅力なところですね。

稼ぐ力を覚えるのはフリーランス

サラリーマンは、自分がやりたくない仕事をやっている人が、ほとんどではないでしょうか?

会社にやりたくもないことを、やらされている。雇われ体質になっていませんか?

そうなると自分の時間を提供してお金を稼ぐという思考に陥ります。

次の休日、どこに遊びに行こか?何を買おうか?

そんなこと考えながら仕事をしていると、やりたくない仕事をしている対価として、物や遊びに消費するといった行為になり、稼ぐ力をつけることはできません。

逆にフリーランスは売上・経営・税金などを全てを自分でやらなければいけません。

サラリーマンのように他人依存では仕事ができなくなってしまいます。

しかし、何もしていないサラリーマンに比べるとフリーランスは、例え失敗しても稼ぐ力は成長していきます。

サラリーマン=失敗することも挑戦もしない

フリーランス=失敗をしても経験値がアップ

保証制度はサラリーマンに恩恵

圧倒的に国から保証があるのは、サラリーマンです。

まず「定年退職」「終身雇用」などがあり、将来に退職金や年金制度が分厚い内容になります。

保険にしても「労災保険」「雇用保険」「健康保険」などのサラリーマンが加入できる制度が保障されています。

そして労働時間も法律で決められていて、休日、休暇と規則で決められて、複利厚生も揃っている会社が多いです。

フリーランスは基本的に税金、保険は全て自分で管理します。

しかも加入できる保証も会社員とくらべて少ないのが特徴です。

自分で考えて税金対策、節税を意識して会社の経費を抑えることをします。

休日、休息なども自分で決めることができ、自由に仕事量を決めることができますが、その時間だけ収入に直結します。

また、住宅ローン・賃貸を借りる時にもフリーランスは審査が通らない可能性が高くなります。

サラリーマン+フリーランス思考が最強

人生100年時代と言われているように、僕たちの寿命は伸びています。

そして、これからはAIの時代がやってきます。

「ボヤボヤしていたら、あっという間にあなたの仕事は機械に奪われますよ」

あなたは今、誰でもできる仕事していますか?

単純な流れ作業や頭を使わない仕事をしていませんか?

心あたりがあれば、あなたの仕事は将来AIが変わりにやってくれます。

その前に、あなたは自分で稼ぐ力を身に付けるという方法をとるべきだと思います。

サラリーマンとフリーランスを比較してもわかるとおり、サラリーマンはいくら頑張っても収入は大幅に増えません。

しかも日本の社会の仕組みは学歴で決まります。

頭のいい大学を卒業している人が会社では優遇されて、高卒組は平社員として働くことになっていますよね?

だけど、そんな高学歴の人も給与は増えません。

やるべきことは、自分で稼ぐ力を身に付けること

これが僕の思うこれからの新しい生き方になります。

そして、サラリーマンをしていると、その世界しか知ることができない。

フリーランスはいろんな生き方、ビジネス、働き方、考え方を知ることができます。

稼いだお金で自分に再教育(再投資)をして、稼ぐ力を身に付けます。

それが本であっても、セミナー、教材であっても問題ありません。

大切なのは収入で無駄な消費はせずに、投資をすることです。

「サラリーマン」+「フリーランス」思考は稼いだ収入で自分に再投資することです。

まとめ

今回は僕が思う、本業のサラリーマンの仕事をしながらの働き方をお伝えしました。

サラリーマン+フリーランスという考え方で、僕たちは生活していきしょう〜

何をするのか?と聞かれた?

フリーランスは『好きなこと』『ハマっていること』をします。

それが、マニアックであればあるほど価値が生まれ、AIに代替えされることもないでしょう。

思考を変換せよ!サラリーマンが副業で稼げない理由が判明!資本論とは?3つの残酷ルールを知って今後に生かす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です