電気代の節約はそこまで徹底しない!考え方を変えるだけです。

 

夏本番、自宅の電気代が高額になるのを心配していませんか?

子供の夏休みもあって、家族が自宅にいる時間も多く、気のなるのが家庭の電気代。

どうにかして電気代を節約できないか?と悩んでいませんか?

「エアコンは24時間つけっぱなしがいいの?」

「どうすれば電気代の節約ができるのか?」

僕が思う、電気代の節約術はケチケチしないことです。

そこまで徹底的にやらずに、少しだけ考えて使いましょう〜

今回は我が家で、取り入れている電気代の節約術を、かんたんにお伝えしたいと思います。

電気代は時間帯で節約できる

電気代は使用する時間帯で、プランを選べば節約できます~

例えば、夫婦は共働き、夏休みでも子供は児童館や部活でいない。

だれも自宅にいない時間が多いのなら、夜間プラン(電力会社による)に変更することです。

僕たちの電力のほとんどが地域の電力会社、東京電力、関西電力、中部電力などと契約しています。

そこで、何も決めていなければ「従量電灯B」(1日のうちを平均的な電力を使用する家庭)というプランで契約しているはずです。

ですが、家電の使用時間が夜に集中する生活スタイルですと、夜間のプランに変更した方が節約になります~♪

中部電力 スマートライフプランから引用~↑↑

このようにお近くの電力会社のホームページを確認し、家庭の生活にあったプランの変更で、少額ながら電気代を節約することも可能です。

このようなプラン一括で検索できるサイトが電力比較サイト エネチェンジです。

エアコンの電源「切・入」で節約

エアコンの設定は24時間「入」がお得なのでしょうか?

正解は30分から60分の外出ですと、「入」のままで、長時間ですと「切」がおすすめです~

エアコンの電気代を抑えるコツは、電力を使わないこと。

つまり、フルパワーの稼働率を抑えることです。

エアコンがフルパワーになるのは、設定温度と室温の差が大きく違うとき・・・

例えば室温「37度」設定温度「26度」というときは、それだけ温度を下げるのに電力を使用していることになります。

参考サイトはこちら→24時間エアコンつけっぱなしは本当に安くなるのか 結果を見て悲鳴が!

エアコン+扇風機で電気代を節約

エアコンと扇風機又はサーキュレーターを使って電気代を下げることも節約方法ですよね?

通常、冷たい空気は下、暖かい空気は上に溜まります。

そこで扇風機かサーキュレーターを上に向けて、風の流れを調節すると、空気が循環して体感気温が下がります。

エアコンの設定温度を1℃あげると10%の節電になって、扇風機+エアコンを使用すると体感気温は2℃~3℃は上昇。

つまり「扇風機+エアコン」は設定温度を、いつもより高めにすることができるということです。

ちなみに僕の我が家は、Amazonで3000以内で買ったサーキュレーターを2年間使用しています。

サーキュレーターは安いのですと、首が降らない固定型、高額なサーキュレーターだと首振り、デジタル機能がついて便利なモードが付属していますね~

関連記事→サーキュレーターはコスパ最強で猛暑の夏を快適に過ごします(アイリスオーヤマPCF-HD15N)

エアコンの節約はメンテナンス

エアコンのフィルターをメンテナンスをして節約しましょう〜

僕も、エアコンを掃除せずに放置していたら、5年後に冷房が全く機能しないときがありました~

そこで、内部のフィルターを見るとホコリが目詰まりしていたのです~

さっそく水洗いしてホコリを取り除けば、エアコンは復活しました。

フィルター清掃をしないと、エアコンの設定温度の機能が正常に作動せずに、つねに部屋が暑い状態という記憶にされていたのでしょう~♪

ですので、2週間から3週間に一度、エアコンのフィルター清掃をしましょう~

おすすめはエアコン洗浄スプレーです。

アース製薬 エアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香性 420ml×2

そしてエアコンを買ってから、数年経過していて効き目が悪くなってきたら、プロのエアコンクリーニングを検討してみてはいかがでしょうか?

エアコンクリーニングなら【おそうじ本舗】

まとめ

電気代の節約はそこまで徹底しない!考え方を変えるだけです。

ということで、電気代の節約は自分で生活スタイルを確かめつつ、対応していくことですね~

給湯器の設定温度を下げることが節約になる!は間違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です