dグルメのクーポンはかなりのおすすめです(特徴と割引を解説)

ドコモの『dグルメ』は月額400円で、食べログなどを最低20%~最大50%割引が受けられます。

dグルメをよく知らない人は、意外と損をしているかもしれませんよ~

ドコモユーザーではなくてもdアカウントさえ作れば誰も「dグルメ」に入会できます。

キャリア会社の月額会員て「つまらないサービス」が多いイメージを持っていないでしょうか?
[月額○○漫画読み放題][○○動画見放題]など・・・

そんなキャリア会社の嫌な月額会員イメージを吹き飛ばすのがドコモの『dグルメ』です。

今回は例として(名古屋地域)でのドコモ「dグルメ」について僕の使い方を紹介しますね~

詳細はこちら→dグルメ

 

dグルメは月額400円でサービスを使えます。

ドコモの「dグルメ」の月額会員400円で使えるクーポンは?

  1. 食べログ(月額300円)
  2. 食べタイム(月額280円)
  3. ランチパスポートなどの

食べログ(通常月額300円)

最低20%の割引が受けれらる「食べログクーポン」を月額300円で使うことができます。

居酒屋からレストラン、夏のビアガーデンまでクーポンを使えてお得度が満点です。

試しに「名古屋市」「ビアガーデン」「クーポン」と検索しましたら16件ヒットしました。

6月20日に4名で予約すると5000円⇒2980円にクーポンで割引されます。
約40%近くの割引率になりますね~

これも食べログ会員のみの特権です。

懐事情が厳しいサラリーマンの強い味方になります。

最大で50%割引も目撃しました。

月額500円でワンコインランチも食べられる。

個人的に大好きな名古屋のつけ麺店、フジヤマ55もワンコインランチ対象店

「余談ですがフジヤマ55のつけ麺て食べたことありますか??」

1度食べたらヤミツキ間違いなしです。

最近はダイエットや健康に気をつけていてラーメンを制限していますが、身体に悪いと思いながらも食べてしまう魚介つけ麺です。

最後の卓上IHでご飯と卵で雑炊が溜まりません。

そんなフジヤマ55店のようなお店のランチがワンコインで食べられてしまいます。(注意※同じお店は月1回が限度)

名古屋駅や栄駅で、ランチを食べに行く人は、月額500円でワンコインランチを食べましょう^

これをドコモ「dグルメ」会員になると月額400円でカバーできます。

詳細はこちら→dグルメ

MEMO
ワンコインランチは名古屋駅周辺で12件、栄駅周辺で21件ヒット

食べタイム(通常月額280円)

「食べタイム??」と聞きなれない方も多いと思いますが、今まで意外と損をしていたかもしれません!

参考 食べタイム公式サイト

レストランや居酒屋、ビュッフェスタイルなどの、お店の割引恩恵を受けることができます。

食べタイムで50%クーポンで愛知県の名古屋エリアで検索したら19件ヒットしました。

その他にも、ランチタイムで使えるお得なクーポンもあります。

個人的に一番メインで使うのが「なか卯」です。それと金の蔵です。

なか卯にはクーポン使用で親子丼並盛⇒大盛に!金の蔵は30%OFFに!

個人的になか卯の頻度は高くて、月2回以上は行き、金の蔵は30%割引。

これが食べタイム(月額280円で)で恩恵が受けられます。

そしてドコモの「dグルメ」だと月額400円で食べタイムもカバーすることができます。

詳細はこちら→dグルメ

dグルメのランチパスポート

最後にdグルメのランチパスポートです。

dグルメのサービス内でランチパスポートを使えば通常700円以上のランチが500円又は540円に割引されます。

現在名古屋、栄、伏見エリアで51件のお店がクーポンで使うことが確認できます。(2018年6月現在)

まとめ

今回はドコモの「dグルメ」の紹介しました。

「食べログ」「食べタイム」通常で月額料金が発生しますが、「dグルメ」に入会すれば、これらのサービスをフルに使えて月額400円でお得に節約できます。

他にも[dグルメ]はクックパッドの殿堂入りレシピも見放題!

料理好きの私にとって、クックパッドは欠かせない料理本となっています。

(時短)熱風オーブンを使ってヘルシーな料理を作る

『良いところばかりの[dグルメ]で、デメリットはないの?』と聞かれたら…

全般的な月額会員に言えることで、使わなくなったら解約するのを忘れて、ずっと加入していること。

心理的に月額数千円の会員なら解約を忘れるなんてことは、あまり考えられないこですが、[dグルメ]のように月額400円なら、

『めんどくさいし、また、今度解約すればいいか!』となってダラダラと加入を続けてしまうこと!

使わなくなったら、すぐ解約手続きをする

これを頭に入れて置くといいでしょう〜

詳細はこちら→dグルメ
給湯器の設定温度を下げることが節約になる!は間違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です