2018年運命の5冊はコレ!|サラリーマンにおすすめな本を紹介します

2019年一発の目の記事は、僕が2018年に読んだ本の中で、サラリーマンの人に特におすすめしたい5冊を紹介します。

本を読まない人の先を進める

本は知らない世界を学べる

本はモチベーションを保てる

本は1500円程度で人生の成功者のノウハウが学べる

本を読めば良いことしかないんですよね…

あなたは、雇われサラリーマンの考え方しか知らない人生を送ってはいけませんか~

この5冊を読んで、広く知識を学び読書をして勉強し続けましょう〜

NO5 お金2.0

 

お金2.0は、これからのお金の在り方をわかりやすく学べます。

金銭的なリターンを第一に考えるほど儲からなくなり、何かに熱中している人ほど結果的に利益をあげられることになります。

AIが発達していく中で、どんなことに価値を生み出すのか?

今の若い世代の人は、生まれたときから何不自由なく暮らしているし、モノや車などを所有する喜びも薄い。

そして、AIやテクノロジーの進化が加速していくなかで、労働の大半は機械化されて僕たちがお金から解放される。

あたり前のように幸せなので、これ以上は汗水流して働かなくてはいいのでは?

更にベーシックインカム(国が生活していけるだけの最低限の給付金を全員に保証する)が加速していく~

そんな、これからの経済と価値感などを「お金2・0」は学ぶことができます。

僕の話がわからない人は、そうとう遅れていますよ!

とは言っても僕自身も1年前まで「AI?そんなこと関係のないこと」と思っていましたからね。

これからは評価経済に移行していくことが確実です。

これは数々の書籍で言われています~

まずのその入門的な位置づけで勉強されるな「お金2.0」はサラリーマン必読書になります。

お金2.0はkindleアンリミテッド(読み放題)でも追加されました。

詳細はこちら↓↓

 

 

NO4 バカ売れキワード1000

「バカ売れキワード1000」はブログを書く人には一冊は持っておきたい必読書になります。

ブログ記事を書くには、タイトルを決めますよね?

例えば「2018年のサラリーマンにおすすめしたい本」というタイトルを書こうと考えます。

そこで、自力で考えたキーワードだけのタイトルだと「何か微妙な感じだし、アピール力が足りないかな?」となります。

そこでバカ売れキーワード1000を使ってタイトルを変更してみます。

  • 本好きを揺さぶる衝撃。2018年のサラリーマンにおすすめしたい本TOP5位。
  • まだ間に合う2018年にサラリーマンが読まなければいけない本TOP5位。

本の読み方は辞書を検索する感覚で「何かひっかかるな~」というキーワードが浮かんできます。

シンプルにそのキーワードを組み合わせればいいだけです。

最終的に、このタイトルはバカ売れキーワードで検索して「2018年運命の5冊はコレ!|サラリーマンにおすすめな本をトップ5で紹介します」にしました。

バカ売れキーワードはブロガー最強ツールと言ってもいいでしょう~

「記事のタイトルは選ぶだけで作れます」初心者におすすめな方法とは?。

NO3 読んだら忘れない読書術

2015年の本ですが、Amazonレビューで高評価だったので、読んで見ました~

書いてあることを要約すると「本を読むときには一週間で3回以上アウトプットをすること」

インプットだけでは、本読んだことにはならない。

アウトプットをしてこそ本を読んだことになる。

今年は同じく、樺沢紫苑さん書籍でアウトプット大全が大ヒットしました。

この本も僕は読んでいて、何か物足りないかなぁ~と感じていたのが本に関連するアウトプット術の記載が少なかったこと。

ですが、この「読んだら忘れない読書術には」本のアウトプット術、頭に知識をインプットできる方法、なぜ本を読むといいのか?その答えが書いてあります。

NO2 億万長者専門学校(仮想通貨編)

僕は2018年は、テクノロジーに関する本を中心に読みました~

たぶん、仮想通貨のテクノロジーに関する知識は100人中に上位で10位ぐらいの存在だと思っています。

そんなことを感じるのは、サラリーマンの同僚や友達との仮想通貨の話をするときのレベルの低さでわかります。

いまだに「ビットコインは終わったし、もう上がらない~」「ブロックチェーン??」なんて言ってますからね・・・

億万長者専門学校「仮想通貨編」は2018年にスタートさせた少額アルトコイン投資のきっかけになった本です。

初心者にでもわかりやすく仮想通貨の取引方法を紹介してくれています。

その他にも日本人のお金に関する基本的な考え方や、億万長者になるマインド論も書いてあるんです。

たぶん、この「億万長者専門学校」を読んで仮想通貨の取引を始めてみようと思った人はいるのではないでしょうか?

仮想通貨のアルトコインて何?今、なぜ投資しなければならないのか?

NO1 服を着るならこんなふうに01

そして、凡人サラリーマンが2018年に運命が変わってしまったと言える本!

それが「服を着るならこんなふうに」です。

ファッションバイヤーのMBさんのマンガ本で読み応え大あり。

こちらの公式ブログが有名で、ユニクロやGUなどのファストファッションでもオシャレに見せる方法を掲載しています。

僕も3か月間くらい契約していましたがMBさんのメルマガはファッション雑誌を読むより断然コスパ大です。

そして30代でオッサンになりつつある僕のファッションの考え方の基本にもなりました。

サラリーマンの方は僕みたいに月数万円で生活している人も多いと思います。

そしてファッションに使えるお金もわずかですよね?

「ブランド服なんて昔みたいに買えない」「セレクトショップでさえ高くて躊躇する」

そんな方にマンガ版「服を着るならこんなふうに」は超絶おすすめです。

この本を読めば、まずファッションの基本がわかります。

そして、1万円以下でオシャレになれます。

カラフルな子供ぽい服を着ることもなくなります。

基礎がわかるので、クローゼットにある服でもオシャレになれます。

オシャレに興味のない、中年のオッサンでもカッコよくなれます。

まとめ

2018年運命を変えた5冊は以上になります。

今年はどんな本と出会えるのか?また何冊読めるのか?と思うとワクワクしてきます。

昨年はkindleアンリミテッドも加入して、読める本の数も莫大となりました~

無料で読めるので、本好きな方は必須のサービスになりますよ。

また本を読む環境も整ってくると、本のジャンルでどのデバイスが最適か?がわかるようになってきました。

本を読まないと、情報や知識をわからないまま生きていくことになり、そんなサラリーマンは雇われ体質を継続する人です。

まだまだ、僕自身も攻めていないジャンルの本がたくさんあるので、インプット→アウトプットを継続していきたいと思っています。

キンドル?タブレット?スマホ?を比較。本を読むのに一番いいのは? 読書がサラリーマンの未来を左右します!正しい本の読み方はコレです。 書籍には戻れない!Kindle Paperwhiteのメモ機能でオリジナル参考書を作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です