(誰でも可能)本を記憶して行動するまでの3つのステップを解説

 

サラリーマンのみなさんは、本を読んで行動することができていますか?

「次の日には本の内容を忘れている」

「読むだけで自己満足になっている」

「なかなか行動できない」

本を読むだけで終わらせるのは勿体無い〜

行動してこそ、本に投資した価値が生まれますよね?

今回は、本を記憶に残して行動化させるには具体的にどうすればいいか?

結論は学生時代のテスト勉強を、そのまま本に応用すること。

中学生の時にやっていた勉強方法、シンプル「ノートに書く→繰り返す」これが王道でした。

僕も、週間で本を2.3冊は読むようにしていますが、最近はこの学生時代の勉強方法を応用しています・・・

今回は、サラリーマンの読書法「本を記憶して行動化するため3つのステップを完全公開」を詳しく解説していきます。

本を記憶して行動化させるためステップ

学生の頃の勉強方法といえば、テスト前日に試験科目を丸暗記するという方法でした。

このテスト勉強こそが本を記憶に残す最適な方法だったのです。

①本を読む目的を決める

学生時代のテスト勉強法を覚えているでしょうか?

まずは、どこの課題が出題されるかですよね?

「〇〇ページ~〇〇ページまで・・・」

「分数から図形の求め方まで・・・」

テスト範囲の中で図形が苦手なら、その科目を中心に勉強しようと考えました~

本を読む前も同じ勉強方法を使います~

  • 選んだ本から何を学ぶか?
  • 今の自分に必要なものは何か?
  • 何が自分に足りないか?

あなたが本から得られる課題を見つけましょう~

例えば僕の現状なら、ブログ、アフィリエイトのスキル、安定からの脱却マインド、サラリーマンの投資術、本の正しい読み方などを知りたいという課題があります。

その課題から逆算して目的を決めることです。

ブログスキルを身につけるためにすることは何か?

逆算して自分に必要な課題と合った本を探しましょう〜

本の選び方は?口コミ、書評を頼って情報収集します。

僕はAmazonレビューを見て読みたい本を決めています。

ある程度、中身の内容を知ってから、まえがき→あとがき→目次というように目を通して、自分の本を読む目的を決めるのもいいでしょう〜♫

その他には、flier(フライヤー)という書評サイトを使ってみるのも面白いかもしれません。

忙しいサラリーマンのために、代わりに本を10分程度で要約してくれるサービスです。

読むだけで、本を一冊理解できるのと同じ効果が期待できます。

そもそも、本でホントに伝えたい内容は16%くらいだと言われており、その他は、同ジャンルと同じ内容が中心に書かれているのことが多いのです。

②読みたいページにメモ、付箋

学生時代のテスト勉強では、課題を見つけたら、教科書を必死に読み続けることをしたでしょうか?

おそらく、ノートに書いて暗記をする勉強方法だったと思います。

本も同じで読むだけですと、記憶するのは難しいのです。

本を読んでいるときは、気分があがり「面白い」と思っても翌日になれば、具体的に何がよかったのか?思い出せません。

本を、ただの自己満足にしないために、おもいっきり使い倒す方法は?

本に線や折り目を付けて、余白にメモをすることです。

メモは本とは違う内容の言葉で、むしろ脱線するくらいがベストです。

例えば「月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ」という本の中で、商品タイトルの決め方は?という内容があります。

そこで自分の課題や目的と関係することがあれば、「ブログタイトルでも参考になるのでは?」というように余白にメモをしています。

メモは手書き以外でも、スマホのメモ帳やKindleのハイライト機能も使えます。

kindle paperwhiteのメモ機能の使い方を教えます

そして、本は決して全部読まなくてもいい。

目的や課題にあった本は同じカテゴリーを読むので、基本同じことが書かれていることが多いからです。

目次から、「こんなことが書かれているだろうな…?」と予測できるページは読まなくてもいいでしょう〜

③メモを要約して条件反射を鍛える

学生時代の勉強方法は、ノートに何度も同じことを書く。

漢字や九九は良い例で、同じことを繰り返し紙に書く勉強方法でした。

本を記憶させる方法は、メモした言葉を要約して、まとめることです。

そして、まとめた言葉を毎日読んで記憶させます。

自分の中に刷り込んていき習慣化させましょう〜

習慣化させることによって、本の言葉を自分のものにします。

毎日メモを読んで記憶させるのは条件反射を鍛えるためです。

頭に毎日記憶させていけば、記憶が自然と定着していきます。

例えば、子育て本「子供が育つ魔法の言葉」を習慣化して記憶させれば、子供にイライラしたときでも、条件反射で対処法がわかるし、伝える言葉も変わってきます。

重要な言葉をメモして→ノートに書く

ノートを毎日見て習慣化して、記憶に定着させることで行動に移すことができます〜

まとめ

(誰でも可能)本を記憶して行動するまでの3つステップは、学生時代の勉強方法を本の読み方でも応用させることです。

本を読むのは好きだけど、なかなか記憶できないという方は参考にしてください。

本を記憶させる3つの方法(DAIGO流の覚え方)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です