読まれないブログ記事を修正します。その方法をかんたんに解説

ぼくのブログの記事数が200を突破をして初心者の人に伝えたいこと?

それは、記事を公開することを最優先に考えなくてはダメということです。

  • 公開しない→何も変わらない
  • 公開する行動する→達成感、失敗してもそこから学ぶことができる。

このようなことが言えます〜

今回は、ブログを公開して3ヶ月後に、アクセスがないダメダメ記事を改善する方法をお伝えします。

SearchConsoleからわかるブログの現状

アクセス、クエリ(検索されたキーワード)、表示回数をSearchConsoleを使って、現状を知りましょう〜

今回は資産運用「各社おすすめのロボアドバイザーを徹底比較しました」の記事を使っての解説です。

説明してある記事は修正済み↓↓

手数料の差?おすすめのロボアドバイザーを比較しました。

URLをSearchコンソールで検索

①検索パフォーマンス

②新規

③ページ

次に調べたいURLを入力して、適用を選択します。

記事を公開してから、約6ヶ月経過していますが、検証してみると、全てが低レベルです。

では記事を修正していきます。

低評価の理由は何か検証

タイトル「各社おすすめのロボアドバイザーを徹底比較しました。」で低評価になっている理由を自分なりに考えてみる。

キーワードは「ロボアドバイザー 比較」

検索ボリュームは(1000~1万)とさほど難易度が高くない数値でもあります。

書いてある記事の内容は(修正前)?

  1. ロボアドバイザー投資で判断するポイント2点(手数料)と(運用資産残高)
  2. 各社ロボアドバイザーを比較
  3. 口座開設の流れ

この内容から自分なりの低評価の理由を考えてみると

  1. キーワードのボリュームはあるけど、ライバルが強い
  2. キーワードと本文の内容が一致していない

念のためGoogleで「ロボアドバイザー 比較」とググります

結果ライバル強すぎる内容でした〜

どの上位記事も、ぼくの書いた記事とは勝負にならない内容です。

ということで、敗戦はライバルが強すぎること。

ブログ記事でライバルに勝つために

ライバル記事より、上位表示させるには、以下の3つのことが必要です。
  • 圧倒的なボリューム
  • 滞在時間を長くする
  • 記事を細分化してキーワードを3語にする

サラリーマンの副業でのブログでやれる範囲は、記事を細分化すること。

難易度を下げて。3文字の複合キーワードで作ります。

まずは、関連キーワード取得ツールで「ロボアドバイザー 比較」と検索する人は、どういうキーワードで入力するか?を調べます。

関連キーワード取得ツール→https://www.related-keywords.com/

そこから、「ロボアドバイザー 手数料 比較」という関連キーワードを抜き出して、検索ボリュームを調べると?

100〜1000に減りました〜

うまく3語のキーワードを使えば、十分に上位表示ができると推測できます。

具体的なリライト方法はこちらの記事でも解説しています。

サーチコンソールの使い方を覚えたらクリック率が2倍になりました

まとめ

200記事を書いてわかった、公開した記事を修正する方法は?

  1. SearchConsoleで現状を調べる
  2. 低評価な原因を調べる
  3. ライバルに勝つために修正する

それで、またアクセスがなければ改善する。

ライバルが多いジャンルは、細分化した同カテゴリーを増やしていくという方法をしましょう〜では👋〜

1 Comment

ロナウド

初めまして、ランキングから来ました。
投稿した記事を、もう一度検証するのはいいことですね。
何故がわかりやすいし、修正しやすいですからね。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です