必見!アクセスアップの方法。ブログは数カ月後を意識する

ブログのアクセスアップを狙うなら、3ヶ月前くらいに季節、イベント系の記事を書きましょう~

どうも「脱!凡人」です。

例えば現在(6月)に季節やイベント系の記事を書くとすれば、テーマは夏が書きやすくなります・・・

ですが、アクセスアップは目先の関心ごとではなく、3ヶ月後を意識することで、大きく変わってきます。

つまり6月なら9.10月のテーマを書くということです♫

今回は、ブログのアクセスをアップさせる方法、季節やイベント系の記事を攻略していきます。

アクセスアップは3ヶ月後を意識

ブログは公開した直後には、なかなかアクセスは上がってきません…

まずGoogleにインデックスされないのです。

「この記事は存在していない」と同じことで、検索エンジンに掲載されません。

検索クローラーにブログが巡回されるとインデックスされますが、その期間は数週間はかかると言われています。

ですので、ブログは公開した直後から徐々(数週間〜3ヶ月)にアクセスが上がっていくと意識しましょう~

例えば?

  • 4月くらいに夏物の服を紹介する
  • 夏休みの計画はGWくらいから紹介する

このように、記事を書くテーマは3ヶ月後です。

ちなみに僕の記事「給湯器の節約方法」は、冬になるとアクセスが上がります。

これは検索ユーザーが秋から冬にかけての情報を知りたいからです。

逆に、夏場はそこまでアクセスは期待できません。

このように、春夏秋冬を使って、先を見越して記事を書くことでブログのアクセスアップを狙うこともおすすめです〜♫

給湯器の設定温度を下げることが節約になる!は間違いです。

アクセスアップを狙うテーマ

ここでは月ごとに季節、イベント系のテーマを紹介します。

書きやすいテーマを3ヶ月前から意識しましょう〜

月別イベント
  • 1月→お年玉、成人式、新年セール
  • 2月→バレンタイン、プロ野球キャンプ
  • 3月→ホワイトデー、卒業式
  • 4月→新年度、新学期
  • 5月→GW、母の日
  • 6月→お中元、夏に向けて
  • 7月→七夕、海の日、プール
  • 8月→夏休み
  • 9月→敬老の日、まだまだ暑い
  • 10月→ハロウィン
  • 11月→ボジョレーヌーボー
  • 12月、年末、クリスマス、大晦日

季節やイベント系のテーマの中から、細分化して決めましょう〜

夏だけを例にしても、服、アイス、24時間テレビ、エアコン、熱中症、かき氷と狙うテーマも豊富です。

沖縄に家族旅行で行くなら最安値はどこ?4つの予約方法で比較してみた。

季節・イベント系のタイトルの決め方

季節、イベント系の記事を書くときに最低限しなくてはいけないのが、タイトルにキーワードを使うことです。

例えば、今が6月ですと9月のテーマを書きます。

9月は敬老の日、秋物の服、気候は「まだ暑い」などのキーワードがあります。

そこで、記事は?

  • 敬老の日に少し変わったプレゼントを送りたい
  • 秋物のセール情報、1万円でできたコーディネートを紹介
  • 夏物の売れ残り家電を安く買う方法

このように季節のキーワードを必ずタイトルに入れましょう〜

キーワードが含まれないとタイトルから「この記事は何が書かれているのか?」が検索ユーザーからわらなくなります。

タイトルの決め方は詳しくこちらの記事で解説してあります↓↓

魅力的な記事タイトルは6つの基本を習得することで生まれ変わる
MEMO
ただし、季節、イベント記事にはあたりハズレがありますので、投稿してみないとわからないこともあります。

まとめ

ブログのアクセスアップを狙うなら、三ヶ月後を意識して、その季節・イベントの記事を書くことです。

僕の場合は、気づくとアクセスがある記事は季節やイベントと時期がマッチしていました。

自分が予期していなかった記事が、季節ごとでアクセスが上がったり、下がったりするのです。

ですので、とりあえずは当たり・ハズレがあるので記事を量産していきましょう〜。

魅力的な記事タイトルは6つの基本を習得することで生まれ変わる hタグ・見出しとは?3つの基本ルールを知ることで脱!ブログ初心者へ 稼げないのにブログノウハウを書いてもOK?結論「逆に書くべき」 Googleアドセンスで稼げないときの対処法は本質を考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です