テキストリンクとバナー広告でクリックされやすいのは?

バナー広告とテキストリンクは、どちらがよりクリックされやすいと思いますか?

アフィリエイトで広告を貼り付けるときに、迷うのがバナー広告にするのか?テキストリンクにするのか?です。

バナー広告とは?

テキストリンクとは?

もしもアフィリエイト

2つとも同じページに飛ぶアフィリエイトリンクですが、どちらがクリックされやすいのでしょうか?

僕が思うのは、テキストリンクの方がクリックされやすいけど、どちらも変わらないということです。 

ユーザーがクリックしたくなるような誘導文なのか?が大切です。

今回は、バナー広告とテキストリンクを利用するときの注意点、どちらがよりクリックされやすいのか?を検証していきます。

バナー広告とテキストリンクの注意点

結論を言うと、僕は個人的には同じ誘導文ならテキストリンクの方が、クリックされやすいと思っています~

それは「押し売りか?押し売りではないか?」で判断します。

まずは考えなくてはいけないのが、読者は「売りたいと前面に出ているブログを嫌います~」

ブログ記事は、商品ページとは違いますので、読者はアドバイスや感想などの情報を手に入れたいのです。

商品ページではわからない、あなただけのメリットやデメリットのようなことですね~

そこで、バナー広告を貼ってしまうと、完全に押し売り広告ができあがります。





バナー広告は、「クリックして欲しい」「買って欲しい」をアピールしている気がします〜

無料登録して占う

逆に、テキストリンクはゴチャゴチャしていなくて、どちらがより押し売りブログかは判断できます。

バナー広告は目立つので、読者は引いてしまいますよね?

ですので広告をクリックしてもらうには、読者の気持ちを一番に考えて、文章を書いていくことが大切です。

バナー広告で気をつけること

バナー広告だけをブログに載せる場合は「ひとことメモ」をします。

↓↓A8ネットの登録はこちら↓↓



下記のバナー広告のみですと、どうしても不自然で怪しい感じがしませんか?

このように読者はバナー広告のみですと、混乱してクリックしてくれません。

注意点として、提携会社によっては表現していい文、使用禁止の語句が決められていますので、要確認が必要です。

テキストリンクの条件

テキストリンクの方が、クリックされやすいのは、読者にストレスが少なく済むからです。

例えば、テキストリンクは、ワードプレスのテーマ「SANGO」は青色で設定されています~

テキストリンクは青色です。(注意※クリックするとトップページにジャンプ)

GoogleやAmazonやyahooを見てもらえれば、大抵のテキストリンクは青色です。

Googleやyahooは意味もなく、テキストリンクの色を決めてはいません。

それだけテキストリンクは青色ということが浸透していますので、読者も迷わずに「これがリンクだ!」とわかることができますよね?

テキストリンクは青色です。(注意※クリックするトップページにジャンプ)

テキストリンクは青色です。(注意※クリックするトップページにジャンプ)

テキストリンクは青色です。(注意※クリックするトップページにジャンプ)

例えば、テキストリンクの色を変えると不自然ですよね?

あたりまえのことですが、テキストリンクは青色で書きましょう〜

バナーとテキストで大切なこと

バナー広告も、テキストリンクも、価値を提供することだけを意識しましょう〜

「全くクリックされない」から広告を変えてみるではなく、いちど広告を忘れましょう〜

お金=ありがとうの回数。価値を提供すること(無料)でしたよね?

原点に戻って、読者を喜ばすことだけを考えていきましょう〜(僕も試行錯誤をしています)

関連記事→Googleアドセンスで稼げないときの対処法は本質を考える

まとめ

今回はバナー広告とテキストリンクではどちらがクリックされるのか?を解説してきました〜

広告ではテキストリンクを使ったほうがいいという結論でしたが〜

本質は違うところにあるということです。

読者に価値を与える。ギブアンドキブですね〜

与えて、さらに与えてという気持が大切です。

では👋

 

1 Comment

takafumi

こんばんは。
確かにテキストリンクは売り込み感が少ないですね。
記事でメリット・デメリットを心を込めて書くことが
ずっと重要だと再確認できました。ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です