Audible(オーディブル)は頭脳にインプットできるの!?まずは無料でお得に試聴する♪

本が好きな僕は、聴くことでインプットできるのか?

「読むと聴く」どちらが本を学ぶ環境に適しているのか?

結論!僕は、環境次第で本を聴くことが変わってきます。

あなたはAmazonのAudible(オーディブル)を知っていますか?

Amazonで月額1500円で本を聴くことができるサービスです。

「本は聴くことができる」これからは読むより聴く!

両手がフリーになりできることが増える。コレってホントに便利なのと思いますよね?

今日は、Amazon Audible(オーディブル)の誰でもできる簡単なお得な入会方法と、僕のオーディブルの使うポイントを紹介します。

Audible(オーディブル)の特典

Audible(オーディブル)特典
  • 30日間無料で体験
  • 1日50ポイント×30日=1500ポイント獲得
  • 無料体験後は月額1500円

Audibleでボイスブックを5分以上聴けば50ポイント(プライム会員なら100ポイント)。

1日50ポイント(プライム会員100ポイント)×30日=1500ポイント(プライム会員3000ポイント)

ポイントは通常ポイント(1円=1ポイント)でAmazonの商品購入にも使えます。

注意
ポイントは無料体験登録日の翌々月の中旬頃に付与。そのため30日間以内(無料体験中)の解約で消滅します。

Audible(オーディブル)の使い方

  • 手順1
    無料の会員登録をする
    Amazonアカウントで登録可能(ポイントキャンペーン中)
    登録はこちらから⇒AmazonAudible
  • 手順2
    専用アプリをインストール
    IOSやAndroidで専用アプリがあります。
    Googleplaystoreはこちら
  • 手順3
    アプリにログインでスタート
    各端末で専用アプリにログインして、お好きな本をダウンロード。

Audible(オーディブル)とkindleの比較

僕はAudible(オーディブル)の使い方は両手が完全には使えない時に聴きます。

最大の効果が発揮されるのが、車の運転中です。

スマホの音量をMAXにして、ドライブ中にAudible(オーディブル)を聴くと頭によりインプットされます。

ドライブ中は曲を昔から聴いていたこともあり、自然と音に集中できるのです。

逆に通勤中の電車や、料理中、就寝前などは僕の場合は頭になかなかインプットできませんでした。

なぜかと言うと手が自由になると、他事をして本に集中できないからです・・・

たぶん僕だけじゃないような気がする・・・

脱!凡人ブロガー

僕の一ヶ月期間中のAudible(オーディブル)の使いわけは、車の運転中はAudible(オーディブル)で試聴!

それ以外はkindleか書籍で読みます。

やはりkindleは最強だなぁ~と言った終着点になります。

本を脳に記憶をさせる「Kindleのメモ機能で100%向上します」

Audible(オーディブル)聴くおすすめ本

僕はAmazon Audible(オーディブル)のような本を聴く時代が到来する可能性があると思いますが、やはり本は目で読みたい派です。

ですから一ヶ月で解約する可能性大です。

無料期間中に1冊本を無料読んで解約します。

ですが無料で1冊本が聴けるし、退会しても1冊無料でゲットできる。

Audible(オーディブル)てどんな感じなの?と試しに聴いてみる価値もありますね~♪

そこで一ヶ月間で聴くべき本を紹介します。

僕はすでにkindleで購入している本です。

一ヶ月間の無料期間中にベストセラー本をお得に聴いて下さい!
登録はこちら↓↓

まとめ

今回は本は聴くことで頭にインプットできるのか?

僕なりに判断してみました。

結果・・・車の運転中にスピーカーから本を聴くことで集中できます。

注意
運転中にスマホからイヤホンで本を聴くことは危険なので止めましょう!

そしてAmazon Audible(オーディブル)はkindleには勝てないと言った意見が僕なりの回答です。

kindleのハイライト・メモ機能をかなり使いこなしているのが理由で、Audible(オーディブル)とは比較対象外。

ですが、期間限定で一ヶ月間で本が1冊読めて、退会しても本が残る。

そして「本を聴くこと」とはどんな感じなのか?が体験できる。

損はないと断言できます。

僕もたぶん気が変わらなければ解約予定です。

無料のAmazonAudible(オーディブル)の登録はこちら↓↓

本を脳に記憶をさせる「Kindleのメモ機能で100%向上します」 どちらを買うべきか?「Kindleと紙の本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です