Binance(バイナンス)で仮想通貨を購入する方法をわかりやすく解説

 

Binanceで仮想通貨(アルトコイン)を購入する方法を、初心者にでもわかるように完全攻略してみました~

アルトコインとは簡単に説明すると、ビットコイン以外の通貨です。

イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)、XEM(ネム)も全てアルトコイン。

今回、購入する仮想通貨はEOS(イオス)、ADA(エイダコイン)などの、日本国内では買うことができないコインになります。

手順とおり進んでいけば、誰でも簡単にBinanceで仮想通貨を買うことができます。

ではいってみましょう〜

Binanceで仮想通貨を購入する手順

ざっくり説明すると、Binanceで仮想通貨を購入する方法は下記の通りです。

仮想通貨の購入手順
  1. 国内取引所(【DMM Bitcoin】)で口座を開設→こちら
  2. Binanceで口座を開設→こちら
  3. 国内取引所でBTC(ビットコイン)かETH(イーサリアム)を購入→こちら
  4. 国内取引所からBinanceにBTCかETHを送金する→こちら
  5. 仮想通貨(EOS)をBTCかETHで交換→こちら
  6. (保管場所)仮想通貨をウォレットで保管する。(こちら)→別記事で紹介

各項目で詳しく説明していきます。

Binanceで仮想通貨を購入する方法

①国内取引所で口座開設


今回は国内で仮想通貨を購入できる取引所を厳選してみました

リスク回避のためには、最低3つは口座を開設して分散投資をします。

仮想通貨を分散投資しなければいけない理由は?

こちらの記事で、リスク回避について書いています。

仮想通貨のアルトコインて何?今、なぜ投資しなければならないのか?

国内取引所を選ぶポイントはETH(イーサリアム)を購入して、Binanceに送金するための『通過点』に過ぎません。

アプリが使いやすい

取引手数料が安い

初心者でもわかりやすい」などの比較は、ほぼ無関係。
(即、海外取引所に送金するため・・・)

初心者はBTCやETHを購入して、投資に慣れることも大切です。

まずは安全安心の大手で、信頼のある国内取引所を選びましょう~♪

ここでは会社名と、各国内取引所の取り扱いコイン、送金手数料、スプレッドを比較してみました。

MEMO
仮想通貨と通貨名・・・BTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)XRP(リップル)BCH(ビットコインキャッシュ)ETC(イーサリアムクラシック)LTC(ライトコイン)LSK(リスク)MONA(モナコイン)XEM(ネム)
会社名 取扱いコイン 送金手数料 スプレッド比較 詳細ページ
BITPOINT BTC、ETH、
LTC、XRP、BCH
無料 1~2% BITPOINT公式HPへ
DMMBitcoin BTC、ETH、
LTC、XRP、BCH、XEM、ETC
無料 3~10% DMM Bitcoinはこちら
GMOコイン BTC、ETH、
XRP、BCH、LTC
無料 3~10% 【GMOコイン】はこちら
QUOINEX BTC、ETH、
XRP、BCH
無料 0.03%~1% Liquid by Quoineはこちら
bitbank BTC、ETH、
LTC、MONA、XRP、BCH
無料 ほぼ0円 bitbankはこちら
BitTrade BTC、ETH、
LTC、MONA、XRP、BCH
0.005 ETH 1%~4% BitTradeはこちら

仮想通貨の送金手数料は基本は無料です。

bitFlyerやBitTradeのように手数料0.005ETHはマイナーへの支払いで取引所の利益にはなりません。

国内取引所の最大の違いはスプレッド(購入と売却の価格の差)です。

スプレッドとは買いと売りの価格の差をいいます。

DMM BitcoinではETHの売買差は約940円(2019/1/2)です。
(取引所はスプレッドの差で利益が発生)

仮想通貨の投資で考えることは、スプレッドよりも、現時点でどこの取引所が安くBTCかETHを購入できるか?
(即時に海外取引所に送金するため)

そこで国内取引所を複数開設して、その都度どこが最安値で購入できるか?を選択します。

BITPOINT(ビットポイントジャパン)

BITPOINT
BITPOINT(ビットポイント)は東証第二部に上場している信用できる大手の取引所になります。

BTC・ETHを初心者が購入するなら間違いなく第一の選択候補になるでしょう。

↓↓BITPOINT(ビットポイント)の口座開設はこちら↓↓
参考 口座開設ページへBIT point公式サイト BITPOINT

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは「DMM.com」が運営している安全・安心な取引所になります。

僕は例としてDMM BitcoinでBTC・ETHを購入⇒バイナンスに24時間以内で送金する方法を紹介しています。

↓↓↓DMM Bitcoin口座開設はこちら↓↓↓

GMOコイン

東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社で仮想通貨の送金手数料が全て無料!

0.0001BTCから購入可能です。
(1BTCが50万なら50円から)

↓↓GMOコイン口座開設はこちら↓↓

②Binanceで口座開設

次にBinanceの口座を開設する方法を紹介します~

Binanceは入会手数料なし。

取引手数料も0.1%程度と安く設定されています。

Binanceの登録で必要なもの

  • メールアドレス
  • パソコン
  • スマホ

国内取引所と違い本人確認(運転免許)などの書類は必要ありません。

Binanceの登録手順

Binanceは英語表記のサイトになっています。

わからなければGoogleの翻訳機能を使いましょう~♪

Binanceのサイトに進みます。

トップページから必要事項を入力します。

「メールアドレス」「パスワード」「上記と同じパスワード」「チェックを入れる」最後に登録をします。

次に登録アドレスに送信メールが届きます。

Verfy Email」を選択します。

これでバイナンスの登録は完了です。

Binanceの二段階認証

ログイン時は常に、2段階認証の画面が表示されます。

「SNS認証」と「Google認証」がありますが、必ず「Google認証」を選びます。

SNS認証は、中国版になりSNSが届かない。
またはログインできない場合があります。

 

Google認証アプリを、スマホにインストールします。

Binanceのログイン方法

次にログイン方法を紹介します。

バイナンス(Binance)のトップページからログインします。

「メールアドレス」「パスワード」「Log In」を選択します。

この項目には先ほどのスマホアプリ「Google認証システム」のコードを入力します。

「Google認証システム」のBinance.comコード6桁をPCのバイナンスのページに入力します。

これでログイン完了です。

③国内取引所でBTCかETHを購入

次に国内取引所(DMM Bitcoin)でETHを購入します~

DMM Bitcoinにログインをして、「取引開始」を選択します

取引画面が表示されますので、ETHの数量を決めます。

DMM Bitcoinの最小数量「0.01」を選択すると、現時点でも日本円でも約定金額が表示されます。
(口座に211円入金されていれば、0.01ETHを購入できます)

最後に「Ask/買」を選択して終了です。


④BinanceにBTCかETHを送金

BinanceへBTCかETHを、送金する方法を具体的にお伝えします。

Binanceへ送金する時の注意点

送金ミスを防ぐために、まずは少額の送金で操作に慣れましょう~

ミスとは言ってもアドレスをコピーするだけですが、Binanceに送金されるのを確認するだけです。

全額送金よりも、リスク回避のためには少額で分散して送金することをおすすめします。

今回はDMM Bitcoinからの出庫で、最低数量は1日1回/0.01ETHになります。(2018.11.22現在約140円)

Binanceの預金アドレスを確認する。

まずBinanceの、ETH預金アドレスを確認します。

①Binanceのトップ画面から「資金」「預金」を選択します。

キーワードに「ETH」と入力して、「ETHイーサリアム」を選びます。

 

ETH宛先預金アドレスが表示されますので、「コピー住所」を選択します。

ここで次に仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin へログインします。

DMM BitcoinからETH(イーサリアム)を出庫予約

次にDMM Bitcoinから、さきほどコピーしたアドレス宛にETHを出庫予約します。

DMM Bitcoinにログインします⇒DMM Bitcoin

出金・出庫」・「ETH出庫」を選択します。

追加」を選択します。

 

ニックネーム(20文字以下)・・・適当に入力します。
(ここではバイナンス入金としました。)

出庫先アドレス・・・BinanceのETH預金アドレスのコピーを貼り付ける。

登録する」を選択します。

注意点
アドレスを入力をするときの注意点としては、間違いがないように貼り付けてください。 間違えて出庫すると二度と通貨が戻ることはありません。

出庫数・・・例「1」(ETHの出庫した個数です。最低数量が0.01)

出庫の目的・・・例「その他の投資目的で送付」

コードを発行する」を選択すると、ご自身のスマホにSMSで6桁の認証コードが送られます。

スマホに送られてきた認証コードを入力して「出庫する」を選択します。

これでETH(イーサリアム)の出庫手続きが終わります。

「確認」してみます。

承認が予約になっていることを確認します。

僕の経験上、DMM Bitcoin⇒BinanceへETHの送金時間は15時間ほどで反映されました。

BinanceへETHが送金されているか確認する(英語ver)

実際に送金されると登録してあるメールアドレスに通知がきます。

↓↓メール本文です↓↓

次にバイナンスのトップぺージを開き「ファンド」⇒「トランザクション履歴」を選択します。

送金した数量が、Binanceで反映されていれば送金完了です。

BinanceへETHが送金されているか確認する(日本語ver)

Binanceは日本語に対応していません。

だからと言って難しいところは、一切ありませんので安心して下さいね。

ログイン後、Binanceのトップページから「Funds」「Transanction History」を選択します。

 

1ETHがBinanceに、送金されているのが確認できます。


⑤アルトコイン(EOS)をBTCかETHで交換

Binanceのトップページで「ETH Markets」から「EOS/ETH」を選択します。

 

次に「Limit」を選択します。

Price「現在1ETHに対するEOSの価格」

Amount「1ETHでどれだけのEOS(数量)が購入可能か?」(ここでは34.34EOS購入可)

最後に「Buy EOS」を選択します。

数量をMAXより少ない数字「34.33」で入力するとTotal:「0.99982692」のETHと交換できます。

Binanceで購入履歴を確認する

BinanceでEOS(イオス)が購入されたかを確認します。

トップページの「Orders」「Order Hisatory」を選択します。

34.33EOSの購入履歴は反映されていれば成功です。

EOSを日本円で換算すると?
2018年11月24日現在の1ETHは約13660円、1EOSは406円。13660÷406=33.64・・・とほぼ同等数になります。

【DMM Bitcoin】ビットコインの登録はこちら↓↓

まとめ

今回は、Binanceで仮想通貨を購入する方法をわかりやすく解説しました。

初心者の方でも、ゆっくり進んでもらえれば購入できると思います~

ポイントは少額の通貨を購入して、実際に送金できるかを確認することです。

仮想通貨の関連記事
その他に仮想通貨の記事を書いています~♪参考にどうぞ
初心者でもわかる仮想通貨とお金の関係!知ったかぶり卒業!ICO攻略!初心者が抑えておきたい5つの調べ方とは?必読!アルトコイン交換で発生する税金を検証する。ブロックチェーンの仕組みを初心者に説明!そこから予測できる未来とは?MyEtherWallet(マイイーサウォレット)に送金する方法初心者がICO投資を始める方法とは?「未来をどう読むかです」アルトコインの保管方法!最強のウォレットはどこになるのか?Cardano(カルダノ)ADAコイン購入。4円で買える最後のチャンスか?アルトコイン投資は仮想通貨3.0世代EOS(イオス)が本命!!仮想通貨のアルトコインて何?今、なぜ投資しなければならないのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です