最強あかぎれ対策は結局コレ!冬になると手荒れで悩むあなたへ!

あかぎれの最強の対策は”皮膚科”です。

どうも「脱!凡人ブロガー」です。

毎年、寒くなる時期に連れて悩むのが「あかぎれ、手あれ」

僕も、職業がら冬には手が荒れてカサカサになってしまいます。

そこで簡易的な治療方法は「バンドエイド」をしていたんですが、実はあかぎれ対策には”やってはいけない”ことだったんです。

今回は冬場の手荒れ、あかぎれに悩むあなたに「皮膚科」こそ最強の治療法だということをお伝えし、僕があかぎれ対策で本当に効果があった方法をお伝えします。

なぜ?あかぎれ対策は「皮膚科」が最強なのか?

皮膚科に行かなくて冬場を持ちこたえる場合・・・ハンドクリームなどの薬代金が必要。(完治しない)

皮膚科で治療する場合・・・医療費控除などで2000円以内で治療可能。そして完治する。

病院に行くことが、最善の対策ということは誰でも知っているんですが・・・

手荒れ、あかぎれぐらいで病院に行かないとダメなの?と思って避けていませんか?

実際に僕も、あかぎれや手荒の時は我慢して冬場を持ちこたえるものだと思い込んでいました。

初めて皮膚科に行ったとき職業は「美容師」「調理師」ですか???

と聞かれたくらい、職業病で皮膚科に治療されている人が多いみたい・・・

ですから、手荒れ・あかぎれの時は、経済的・治療的にも迷わず病院を選択することが大切です。

手荒れぐらいで・・・と思わずに、すぐにでも皮膚科に行くことが大切なのかぁ・・・

脱!凡人ブロガー

皮膚科で判明!手荒れ・あかぎれになる原因。

手荒れ・あかぎれになる原因は「手の油脂がなくなること

冬になると乾燥して、手を保護していた油が少なくなってきます。

でも外出したときは「風邪予防のため」と思って”キレイ”に手の油をゴシゴシ落とします。

本来なら、手に油を残さないといけないのに、必要以上の油分を根こそぎ取っているのです。

デパートのお手洗いなどに使われている「アルボース」や「キレイキレイ」なんて使ったら一撃で油が奪われます。

「手荒れ、あかぎれを起こす原因をは、洗剤で油脂を落としている」ということを覚えておいてください。

自宅でのあかぎれ、手荒れ対策は?

自宅での手荒れ・あかぎれ対策は?

自宅でする、あかぎれ・手荒れ対策は?
  • 手の汚れは水で落とす
  • ハンドクリームは評価が高いものを。
  • バンドエイドは悪化させる
  • 専用の手袋を着用する

手の汚れは水で落とす

まず帰宅してからの手洗いは、絶対に洗剤を使わないこと。

本来、水で30秒以上流すだけで菌の90%は消滅します。

でも10%は残ります。これは洗剤を使っても結果は同じです。

ですので、手洗いは水洗いをするのがベスト!

ハンドクリームは評価が高いものを。

手に油を残せば、手荒れ・あかぎれを対策することが可能です。

でもハンドクリームて「ベトベト」して気持ち悪いとか、職業柄使えないとか、自分に合わないこともあります。
(特に100円ショップのハンドクリーム)

だから、”なるべく不快じゃない”ハンドクリームを使いたいのです。

ここで僕が使っているのが・・・

バックスナチュロンのハンドクリームの最大の特徴は「値段」「べたつかない」ことです。

Amazonで数百円で購入可能で、なおかつ「べたつき」も少ないのです。

ハンドクリームを買うなら、バックスナチュロンのハンドクリーム一択になります。

以前はロクシタンのハンドクリームを高島屋で買っていたんですが、もうバックスナチュロンと出会ってから買うことはなくなりました。

バンドエイドは手荒れ・あかぎれを悪化させる

どう考えても、バンドエイドをあかぎれで使うのはNG。

大切なのは「油分」です。バンドエイドに治療の効果はなし。

症状が悪化して、スリ傷がある場合でもバンドエイドは使ってはいけません。

僕もヒビプロのような液体絆創膏を使っていた時がありましたが、根本的にあかぎれや手荒れでは使えません。

専用のゴム手袋を着用する

仕事や家庭で、水仕事をする場合はなるべく、ゴム手袋をするようにします。

僕の場合は、料理をする時は・・・

使い捨て手袋で調理をします。

魚や肉などを「あかぎれ」「手荒れ」のまま素手で触るのは不衛生で、逆に手が痒くなります。

料理はなるべく、使い捨て手袋を用意しています。
(100円ショップのビニール使捨て手袋でもOK!)

食器洗い用は?

 

「油汚れにジョイ」などの食器洗い洗剤は、その名の通り”手の油も根こそぎ奪います”

直で洗剤に触れば、手荒れはますます悪化しますよ!

必ずゴム手袋を使うようにします。

まとめ

今回は、手荒れとあかぎれの対策方法についての紹介でした。

やはり皮膚科が最強です!

薬局で今まで、ハンドクリームや液体絆創膏を買っていた自分はバカでした。

値段、治療効果とも、やはり皮膚科が一番コスパがいいです。

あとは、「めんどくさがらずに」皮膚科に行く時間が作れるか?です。

健康診断は病院で!はもう昔の話です。自宅で簡単に検査ができます(おうちでキッド))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です