ブログの書き方|初心者に伝えたい過去から学んだ5つのこと

 

ブログの書き方を公開します~

僕の「脱!凡人ブログ」は?

  • 200記事以上
  • ブログ運営1年半
  • 月間PV数・・・2万

これからの目標→月間10万PV数。

ブログを書き続けて1年半、思うことは、過去に戻ってブログの書き方を自分に教えたら、今の成果以上を発揮できるということ。

というのもブログをスタートした直後は、知識も経験もないボロボロでした~

「どのようにブログを書けばいいのか?」は自分で勉強しながら、一歩一歩という感じだったのです・・・

ですが今から、ブログを始める人に初心者に伝えたいこと。

それは、ブログは「他者貢献」ということです。

ユーザーの気持ちに寄り添って、ブログを書くことで、見違えるほど読まれるブログに変わります~

今回はブログの書き方「1年半のスキルを過去の自分に向けて教える」を5つの要点でまとめ…

+ブログを継続できた3つの理由を、初心者向けに解説していきます。

記事を書く前にすること(必須)

簿がブログを書く前にしていることは、全部で4つあります。

ポイントはユーザー目線で記事を書くこと。

ユーザーが知りたいことを、深堀していけば自然と何を書けばいいのか理解できます。

①ユーザーが知りたいことを書く

ブログは、自分が書きたいことを記事にしない。

例えば、日記のような記事は自分の書きたいことです。

では、どういう記事を書けばいいのか?

それは、自分の好きなことを書くけど、その中でユーザーが知りたい欲求を見抜く。

例えば、折りたたみ自転車のミニベロの記事を書く場合は?

僕が好きなこと書きたいこと・・・ミニベロのメリット・使い勝手など

僕が書きたいこと「ミニベロ」は、ユーザーはどのようなキーワードで入力するのかを調べます。

まず、関連キーワード取得ツールで「ミニベロ」と検索してみます→https://www.related-keywords.com/

ずらっ〜と、関連ワードが表示されます。

ユーザーは「ミニベロ」の何について調べたいのか欲求を深堀します。

まず僕が書きたい「ミニベロ 使い勝手」というキーワードで、検索するユーザーはいないと判断できます。

次に「ミニベロ メリット」と検索するユーザーはいるのか?

少なくとも1人以上は「ミニベロ メリット」で検索してきたユーザーはいたということです。

このように僕が書きたいことが、必ずユーザーが知りたいとは限りません。

では、どのくらいの人が「ミニベロ メリット」で検索したのかボリュームを調べます↓

②ユーザーが検索するキーワードのボリュームを調べる

次にキーワードのボリュームを調べます~

キーワードのボリュームとは、文字のとおり、「キーワード」で「どのくらい検索されたか?」を調べることです。

(無料)キーワードプランナーを使いこなします→https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

キーワードプランナーの詳しい使い方は↓↓

参考 【2019年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方!初心者でも丸わかり松原 潤一のブログ

月間平均検索ボリュームが「100~1000」と表示されました。

これは、一ヶ月間で「100~1000」ぐらいの検索数があったと予測できるデータになります~

月間平均検索ボリュームについて
「100~1000」は検索1位になったときに、このくらいのアクセスがあると予測することです。

僕は「100~1000」か「1000〜1万」を狙ってキーワードを決めています。

理由としては?

  • 0〜10→そもそも検索されないキーワード
  • 1万〜10万→競合キーワードで上位表示が難しい

では、次に「ミニベロ メリット」で検索するユーザーはどんなことを知りたいか?を調べます。

③検索ユーザーの欲求を調べる

「ミニベロ メリット」で検索するユーザーは本質は何を知りたいかを調べます。

これはGoogleで直接キーワードを入力します。

1位〜10位のページで、上位表示されている記事は、どんなことが書かれているのか?

ザックリと内容を調べます。↓

 

  • ミニベロのメリット-デメリット、普通自転車とミニベロのタイヤの違い
  • ミニベロの魅力、どんなところが楽しいのか?
  • おすすめのミニベロについて
  • ミニベロの長所、短所、性能

ブログ記事を書くときは、競合サイトを上回る内容の記事、文字数を目指します。

僕は、ライバルが多くて上位表示は厳しいかな〜と思っても、記事を公開しています。

その理由は、実際に公開してみないとわからないからです。

例えば「ミニベロのスピードファルコ(車種名)のメリット」を記事内で書くと、「スピードファルコ」で検索されたキーワードを拾ってくれるかもしれません。

そのあたりは詳しくはこちらで書いています。

サーチコンソールの使い方を覚えたらクリック率が2倍になりました

次に、タイトルの決め方です。

④ユーザーが読みたくなるタイトル

僕は魅力的なタイトルの決め方は、2つの方法を組み合わせています。

一つ目は6つの基本をマスターしてタイトルを決めます↓↓

記事タイトルから読ませる6つの基本

  • ①数字の力
  • ②キーワードの2つ分ける
  • ③目的を絞る
  • ④タイトルを自分目線で決める
  • ⑤タイトルを他人目線で決める
  • ⑥達成型

詳しくは下記のページで解説しています~↓

思わず読みたくなる記事タイトルは6つの基本から決める

2つ目はバカ売れキーワードという本を使ってタイトルを決めます~

初心者向けで、自分で感情が高まったキーワードを、2つくらい抜きだしあてはめるだけで作れます↓↓

「記事のタイトルは選ぶだけで作れます」初心者におすすめな方法とは?。

⑤ユーザーが読みたくなる文章

ブログの文章は、はじめは難しく感じてしまい「どうやって書くのか?」といったところで立ち止まってしまいます~

ですが、文章の書き方は型を作って、記事をコツコツと積み上げていけばスキルは自然と上がっていくのです・・・

簡単なブログ文章の書き方はこちら↓↓

「文章の書き方」を公開!ブログは単純な6つの法則に従うだけ!

次に文章を書く時に注意することは、読んで疲れないか?とうことです。

漢字のバランス、文末、構成・・・初心者にでもわかりやすい仕組みを覚えましょう~

ブログの文章が読みづらいと思ったときの4つの見直し方法

ブログ運営時から徹底的に必ずやること

ブログを書き始めてから1年半がたち、僕が過去に振り返って徹底的にした取り組みを3つ紹介します~

これをやらないと、ブログを継続できていなかったことでしょう~

目標を決める

目標を決めて書くこと。

  • 月間10万PV数
  • Twitterフォロワー数→1万人
  • 売上→10万

具体的な目標をブログスタート時から決めたほうが、モチベーションにもつながります

ただし「心の中で思うだけ」では意味がありません。

メモ・紙に書くことをやりましょう~

数々の成功者は、必ず具体的に目標を紙に書いて行動しています~

この「やるか」「やらないか」が大きな成果となって変わっていくことを知っているからです。

僕も、ブログスタート時は目標を具体的に決めていませんでした・・・

ですが目標を決めてからは、逆算して価値ある情報を発信することだけというシンプルなの法則をしています。

本を必ず読むこと

ブログを書くと同時に、本を週間で2~3冊、月10冊は読むようにしています~

どんな本を読んでいるのか?それは僕のスキルアップにつながるジャンルです。

  • ブログアフィエイト
  • 投資関連
  • 自己啓発
  • 本の記憶方法

なぜ本を読むのか?それは本の内容を他者に教えるためです。

  • 自分のために読む→✖
  • 他者を幸せにするために読む→○

これがブログのネタにもなります。

(誰でも可能)本を記憶して行動するまでの3つのステップを解説

とにかく公開すること

最後は、この記事では「ユーザーの気持ちに寄り添って、ブログを書くこと」と言いましたが、結局どっちでもいいのです。

その理由は、「キーワード、タイトル、文章・・・」のように考えると手が止まってしまうから~

  1. 未完成でも文章が汚くても公開することが大切
  2. 次にアクセスがあるかないかチャックする
  3. 改善する

公開しない→誰もみない(存在しない)

公開する→数をこなせばヒット記事が必ずでる

僕も、キーワードを考えて試行錯誤していましたが、結局のところアクセスがある記事は、そこまで戦略を決めてから書いた記事ではないのです。

まとめ

「ブログの書き方|200記事から学んだ過去の僕に伝えたい5つのこと」はユーザ目線で書くことです。

  • ①ユーザーが知りたいことを書く
  • ②ユーザーが検索するキーワードのボリュームを調べる
  • ③検索ユーザーの欲求を調べる
  • ④ユーザーが読みたくなるタイトル
  • ⑤ユーザーが読みたくなる文章

全ては自分のためではなくて、他者貢献ということを意識しましょう~

そしてブログを書くと同時に3つのことをやりましょう~

  • 具体的な目標を決める
  • 本を継続して読む
  • とにかく記事を公開させる

では、複業思考で作業を継続するだけです~

1 COMMENT

takafumi

こんばんは。
そもそもミニベロが何なのかがわからなかったので検索してみました。
「ベロ」が何なのかもです^^
ユーザーが知りたいことは頭で考えてもわからないので、
Googleで直接キーワードを入力ということですね。
関連キーワード取得ツールやキーワードプランナーを使ってリサーチ。
実際にやってみればわかると思いました。ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です